貴重なクラシックオルゴールの実演も 日本橋島屋にて『時空を超えたオルゴールの世界』開催

貴重なクラシックオルゴールの実演も 日本橋島屋にて『時空を超えたオルゴールの世界』開催

ペイラード プレロディニーク・サブライム・ハーモニー インターチェンジャブル スイス・ペイラード社製 1880年代

『永守コレクション特別展示 時空を超えたオルゴールの世界』が、10月23日(水)から10月29日(火)まで、日本橋島屋S.C.本館1階正面イベントスペースにて開催される。

「永守コレクション」とは、公益財団法人 永守文化記念財団が所蔵する347点におよぶアンティークオルゴールのコレクション。同展では、そんな世界屈指の永守コレクションから選りすぐりの12点が特別に展示される。

会場には、1880年代にスイスで制作され、曲を途切れなく長時間演奏するライティングデスク型のオルゴールや、1900年代にフランスで制作され、オートマタと呼ばれる西洋のからくり人形オルゴール、1960年代にドイツで制作された台車つきのストリートオルガンなど、貴重なクラシックオルゴールなどが並ぶ。

期間中は、10月26日(土)を除いて毎日、展示オルゴールの一部を実演。実演時間は、11時、13時、15時からの3回で、実演時間以外ではオートマタの動きを映像で見ることができる。

また、同会場には「日本電産サンキョー オルゴール記念館 すわのね」の期間限定ショップがオープン。からくりオルゴールや、慶事にふさわしいオルゴール、イタリアンモダンカラーの象嵌細工を施したオルゴールなどの販売も行われる。

永守コレクションが東京で公開されるのは初めてとなる。悠久の時を奏でるアンティークオルゴールの、心に触れる本格的な音を楽しんでほしい。

【開催情報】
『永守コレクション特別展示 時空を超えたオルゴールの世界』
10月23日(水)〜10月29日(火)まで日本橋島屋S.C.本館1階正面イベントスペースにて開催

【関連リンク】
日本橋島屋(https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/departmentstore/topics/detail.html?category=other&id=20541)