ウィル・スミス VS. 若いウィル・スミス 『ジェミニマン』で体験する次世代映像

ウィル・スミス VS. 若いウィル・スミス 『ジェミニマン』で体験する次世代映像

ウィル・スミス VS. 若いウィル・スミス 『ジェミニマン』で体験する次世代映像の画像

最近のリメイク版『ライオン・キング』で、本物と見紛うほどリアルな動物たちのCGアニメーションが話題となったが、本作『ジェミニマン』では、CGのみを使用して、これまでにない細部にこだわったリアリティで、演技をする人間ひとりのビジュアルを完成させてしまった。

本作では、ウィル・スミスが演じる主人公と、若き日のウィル・スミスのように見えるキャラクターが激突するという内容。そんな“若いスミス”を作り上げたのは、ハリウッド大作映画を数多く手がけ、最新鋭の技術を誇るWETAデジタル。さらに、次世代のフォーマットである「3D+ in HFR」(3Dと、動画のコマ数が多いハイ・フレーム・レートを併用)にて撮影されていることも話題になっている(「3D+ in HFR」版は、設備が対応する一部の映画館にて楽しめる)。

主人公は、史上最強と名高いスナイパー、ヘンリー。あるミッションを遂行中に、彼は自分の若い頃そっくりの人物に襲撃される。その正体は、ある陰謀のもとに作られたクローンだった。いったい、なぜヘンリーのクローンが開発されたのか、謎を追うヘンリーは、衝撃的な事実に直面する。

監督を務めたのは、台湾出身のアン・リー監督。『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』で、アカデミー賞監督賞に輝いている。それだけに、本作は最新の映像やアクションだけでなく、その裏にある人間ドラマや、隠された奥深いテーマにも注目したい。

『ジェミニマン』
公開中

関連記事(外部サイト)