「勇気をもらった!」学生から支持を集めた『ブラック校則』が満足度ランキング首位

「勇気をもらった!」学生から支持を集めた『ブラック校則』が満足度ランキング首位

『ブラック校則』

「ぴあ」調査による2019年11月1日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、Sexy Zoneの佐藤勝利が主演を務め、King & Princeの高橋海人と初共演した青春映画『ブラック校則』が第1位になった。出口調査では特に学生から「勇気をもらった!」「スッキリした」など熱い声があがった。

本作は、高校生たちが髪形や服装などを厳しく取り締まる理不尽な“ブラック校則”で生徒を縛る大人たちと闘う姿を描いた作品。佐藤と高橋は校則に苦しむ女子生徒のために奇想天外な方法で立ち向かう生徒を演じている。

劇場には10代、20代の姿が多く見られ、上映後に行ったアンケート調査では「スピーチのシーンが印象的で、勇気をもらった!」(14歳・中学生)、「私の高校は校則がゆるいけれど、今の自分がどんな状況でも“自由”と“校則”についていろいろ考えるきっかけになったから観てよかった」(18歳・高校生)、「自分の学校にも似たような校則はあったので観ていてモヤモヤしたけど、最後にはスッキリした」(19歳・大学生)、「想定外の行動に出る佐藤勝利さんがカッコよかった!」(19歳・大学生)、「校則が厳しいとか先生が怖いとかリアルだったので感情移入しやすかった」(20歳・大学生)などの声が寄せられた。

一方で「子供の付き添いで観にきた」と話す大人からは、「特に期待していなかったけれど、引き込まれるところが多くて、学校の問題とか、学生が抱えている悩みをこの映画で理解出来たし、グッときて心を揺さぶられるシーンもあった。学生はもちろん、大人にも観てもらいたい」という声もあった。

1位『ブラック校則』92.3点
2位『NO SMOKING』92.2点
3位『マチネの終わりに』91.7点
4位『最初の晩餐』90.5点
5位『喝風太郎!!』88.8点
6位『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』87.5点
7位『人生、ただいま修行中』85.8点
8位『閉鎖病棟―それぞれの朝―』84.5点
9位『マイ・ビューティフル・デイズ』80.1点
10位『CLIMAX クライマックス』76.4点

(本ランキングは、11/1(金)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

関連記事(外部サイト)