森公美子、朝夏まなとらが演じる『天使にラブ・ソングを』が開幕

森公美子、朝夏まなとらが演じる『天使にラブ・ソングを』が開幕

ミュージカル『天使にラブ・ソングを 〜シスター・アクト〜』

日本初上陸の2014年、そして再演の2016年と、底抜けにハッピーな世界観で観客の心を鷲づかみにしたミュージカル『天使にラブ・ソングを 〜シスター・アクト〜』。カーテンコール後の客席から「最高に楽しかった!」という声があふれるように聞こえてきた本作が、11月15日に東京・東急シアターオーブで再々演の幕を開けた。

物語は、クラブ歌手・デロリスが殺人事件を目撃したことから始まる。重要証人であるデロリスはギャングのボスに命を狙われ、カトリック修道院に身を隠すことに。ある日、修道院の聖歌隊の歌があまりに下手なのを耳にしたデロリスは、クラブ歌手として鍛えた歌声を活かして聖歌隊の特訓をすることになり……。

大ヒット映画『天使にラブ・ソングを…』は、主演ウーピー・ゴールドバーグの名を世に知らしめたミュージック・コメディだが、そのウーピー本人がプロデューサーとして舞台化を手がけたのがこのミュージカル。映画から大きく変わった点は、アラン・メンケンが音楽を担当したことだ。『アラジン』や『美女と野獣』などディズニー映画で知られる彼が、ゴスペル、聖歌、ソウル、ロカビリーなど新たに書き下ろしたナンバーは、劇場を熱狂と興奮の渦に巻き込み作品世界を掘り下げるものに。

日本では山田和也の演出、そして俳優たちが演じる個性的なキャラクターが見事にハマり、大ヒット。今回のキャストは、デロリス役に3度目の続投となる森公美子。圧倒的な歌唱力とコメディセンスで、さすがの存在感を発揮する。そして元宝塚男役トップスターの朝夏まなとがWキャストで出演。また、デロリスの幼馴染で警察官のエディ役には石井一孝。冷酷なギャングのボスでデロリスの元恋人・カーティス役にはWキャストで大澄賢也と今拓哉。ギャングの子分3人組には、続投の泉見洋平、KENTAROに加えて、ジャニーズJr.の林翔太が初参加。ほか、春風ひとみ、未来優希、屋比久知奈、小野武彦、鳳蘭が出演する。

公式グッズのペンライトを振って「一緒に歌おう踊ろうカーテンコール」などの呼びかけもあるミュージカル。思わず体を揺らし、楽曲とダンスに圧倒された後は、思わず「最高に楽しかった!」と口にしているかもしれない。

文:伊藤由紀子

関連記事(外部サイト)