wyse 鉄腕アトムとのコラボアニメで再始動を発表。新曲の緊急配信を開始

wyseが「充電期間」完了を手塚プロダクション制作のアニメーションで発表した。

本年2月に開催された結成20周年記念公演で「充電期間」に突入する事を発表し、その後に敢行された全国ツアーをもって表立った活動を停止していた。

今回発表された手塚プロダクション制作のアニメーションでは、メンバー自らアフレコに参加している。ツアー最終公演では、メンバーが充電カプセルに入るスケッチで公演を終えており、本アニメ作品は、目を覚ましたメンバーが充電カプセルから動き出すストーリーで描かれている。

そして驚くべきは、アニメと同時に発表された新曲MV4曲である。

「充電期間」突入発表後から、メンバーで幾度となく打合せを重ねた後、レコーディングを行っていたとの事。今回の発表で披露していない新曲のレコーディングも終了している様子。年内には方向性を示したい一心で、MV撮影等、クリスマスイヴに向けて準備を進めていた。新曲4曲の内、『RAYS』が明日25日より緊急配信スタートする。

そしてファン待望の再始動公演も同時に発表された。

彼らが再結成公演(2011年)を行ったLIQUIDROOMにて、2020年2月15日(土)に21周年記念公演「RAYS」を開催する。

新たな一歩を踏み出したwyseが「充電期間」という時間で作り上げた作品、そして、彼らの進化に期待したい。

メンバーからのメッセージは以下の通り。

月森

充電完了しました!少しいろいろ考える事が出来ましたが、結局、俺はずっとみんなと、wyseと一緒にいたいんだなと思いました。もちろんそれだけじゃないけど、ひょっとしたら、それだけでも充分な事なのかもしれないね。また一緒に歩き出せるのが楽しみです。

HIRO

ただいま、待たせてごめんね。でも準備はしっかり出来たよ。また一緒に歩み出そう。

MORI

充電期間中、敢えてwyseから離れる事により、wyseの存在意義、自身の中でのwyseのMORIというもう一人の自分の重要性を再認識出来ました。そして、久しぶりに交わすメンバーとの会話の中で、20周年という大きな節目の間に、wyseの更なる未来を皆に提示したい、強くそう思えました。相変わらずwyseらしい急ピッチな作業でしたが、その第一歩としてお届けする新曲『RAYS』、そしてその他の新曲たちは、更なる未来へと向かうwyseの決意表明です。2011年の再始動時に強く感じた、失った時間は二度と手に入らないという感覚。21周年は「RAYS」という特別なライブとして、きちんとwyseの歴史に刻みつけます。思いの外早く、こうして再び歩き出す気持ちになれました。wyse、充電完了です。

TAKUMA

必要なモノを探していました。何が自分達にとって必要なのか。時間の経過の中で、少しずつ見えてきたモノを1つずつ探り出すように。"約束された未来"はありませんでしたが、一歩ずつ前に進むことで行き着きたい場所、手にしたいモノが見えてきたように思います。3年かかることは、1年で1年かかることは、数カ月で、それが自分の考え方、良い未来を届けたいと思っています。

■wyse×手塚プロダクション 「充電期間」完了ムービー+新曲MV4曲


■wyse New song「RAYS」
2019年12月25日(水)配信スタート

■wyse 21st anniversary live「RAYS」
2020年2月15日(土)OPEN15:45/START16:30
恵比寿LIQUIDROOM
・FC先行受付      2019/12/24(火)21:00〜2020/1/5(日) 23:59
・オフィシャル&SNS先行 2020/1/10(金) 19:00〜2020/1/19(日)23:59
・プレイガイド先行    2020/1/22(水)19:00〜2020/1/27(月) 23:59
一般販売 2020/2/2(日)10:00〜