全世界が震撼した“3.11”の最前線で戦い続けた者たちの物語 『Fukushima 50』本日より公開

全世界が震撼した“3.11”の最前線で戦い続けた者たちの物語 『Fukushima 50』本日より公開

全世界が震撼した“3.11”の最前線で戦い続けた者たちの物語 『Fukushima 50』本日より公開の画像

ジャーナリスト・門田隆将によるノンフィクション作品『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作とした映画『Fukushima 50』が、本日より公開。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した“3.11”の最前線で戦い続けた50人の人々の姿を描いた物語だ。

2011年3月11日午後2時46分に発生し、マグニチュード9.0、最大震度7という、日本の観測史上最大の地震となった東日本大震災。そして、想像を超える被害をもたらした原発事故の現場である福島第一原子力発電所(通称:イチエフ)に残った地元福島出身の作業員たちは、世界のメディアから“Fukushima 50”(フクシマフィフティ)と呼ばれた。

本作で主役となる福島第一原発1・2号機当直長・伊崎利夫役には佐藤浩市、そして、福島第一原発所長の吉田昌郎役に渡辺謙が扮する。さらには吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田 満、萩原聖人、吉岡里帆、斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美ら錚々たるメンツが集結。東日本壊滅の危機が迫る中、死を覚悟して発電所内に残った人々の知られざる“真実”が、ついにいま、明らかとなる。

本作では、邦画史上最大級のスケール感とリアリティで“あの日の出来事”が描写され、そして、すべての登場人物が生死をかけた状況に追い込まれ、感情むき出しでぶつかり合う様子が克明に描かれる。当事者に近い者たちでなくとも、胸を打たれることは間違いないだろう。

震災から10年目を迎える、この2020年。あの日、あの時、あの震災で、福島原発事故で“最後の砦”となった“Fukushima 50”の決死の覚悟を、この目に焼き付けたい。そして私たちはこの映画を通してもう一度、東日本大震災に、ひいては、二次災害や風評被害を生む“震災”そのものに、真摯に向き合わなければならないだろう。世界中が注目した現場で本当は何が起きていたのか。何が真実なのか。ぜひとも映画館で、スクリーン越しに対峙していただきたい。

『Fukushima 50』
本日より公開

関連記事(外部サイト)