TOHOシネマズ 池袋を事前取材 日本初導入のスピーカーによる「サウンド・シアター」で極上の音響を体験

7月3日にオープンとなるTOHOシネマズ池袋の内覧会が開催された。

同映画館は、池袋駅東口の豊島区庁舎跡地および豊島公会堂跡地の再開発プロジェクトとして注目されていた「Hareza(ハレザ)池袋」に出店される。ハレザ池袋は、8つの劇場を備える複合商業施設で、街全体で劇場体験を提供することを目指す池袋の新たなランドマークとして注目されている。同映画館はその劇場体験を提供する一翼となるべく「サウンド・シアター」というコンセプトで設計され、全10スクリーン、1735席からなるシネマコンプレックスで、音響にこだわり抜いた映画館だ。

日本初の試みとして、2番シアター(143席)にはアイソバリック方式のサブウーハーを採用。むき出しに置かれた巨大サブウーハーは見た目も迫力があるが、音の迫力は想像を絶する。スピーカーユニットを向かい合わせで駆動させ、通常のサブウーハーの1.5〜2倍のパワーを出せる。それにより、劇場全体を揺るがすような轟音を全身に浴びるような体験ができる。サラウンドスピーカーもこの轟音を活かすためのカスタム設計となっており、ここでしか味わえない音を提供する。同映画館のコンセプトを象徴するスクリーンと言えるだろう。

座席数が最も多い6番シアターと10番シアター(315席)には、独自規格のラージスクリーンTCXを採用。TOHOシネマズ日比谷でも好評のプレミアボックスシートも導入され、セミプライベートな空間でゆったりとした気分で鑑賞できる。

6番シアターは、高解像で広い音域を再現する「カスタム4wayハイコアキシャル」と、ステージスピーカーとの一体感を追求した「3wayコアキシャル」サラウンドを組み合わせたカスタムオーダースピーカーを導入。10番シアターには、立体音響のDolby Atomosを日本で初めてカスタムスピーカーで導入している。「カスタム4wayハイコアキシャル」と「ハイパワーコアキシャルサラウンド」を採用し、コンサート会場のような残響音を再現するギミックも利用できるそうで、ライブ・ビューイングなどのODSコンテンツの魅力を最大限に引き出せる設計となっている。

音響だけでなくスクリーンにもこだわりを見せる。最も座席数の少ない1番シアター(78席)のスクリーンには、パーフォレーション(スクリーンに開いている細かい穴)のない、セバートソンスクリーンという新しい規格のスクリーンを採用。映像を美しく見せるために網目を細かくしており、それでいて音を遮らないような設計がなされているそうだ。

内装はシックで落ち着いた雰囲気で統一され、過度な演出はせずストレスフリーな空間作りを心がけ、純粋に映画を楽しんでもらいために小さいこだわりを積み重ねることで鑑賞体験を向上させることを目指しているとのこと。

同映画館はIMAXもMX4Dも導入していない。これは、都心部に展開する他のTOHOシネマズとの差別化をはかり、「サウンド・シアター」という池袋独自のカラーを打ち出すためだという。その選択は結果的に、国内最大のIMAXレーザーを持つグランドシネマサンシャインとの差別化を果たすこととなり、映画ファンとしては単純にスクリーン数が増えただけでなく、異なるコンセプトの劇場を楽しむ選択肢が広がることとなった。

同映画館支配人の古澤友広氏は、「新宿同様、多くの映画館がひしめくエリアですが、映画といえば池袋と言われるように他の劇場さんと一緒にこのエリアを盛り上げていきたい。他店舗でも実施している感染予防対策も研修に取り入れているので、安心して映画を見られる環境を提供したい」と意気込みを語った。また、フラットに多彩な映画を扱いながらも、アニメ・漫画の聖地としての池袋を意識して特色ある番組編成をしていきたいとのことだ。

街全体が劇場空間となることを目指す池袋の中心地となるであろうハレザ池袋。TOHOシネマズ 池袋は、その一端を担うにふさわしい充実したスペックを備えていると言えそうだ。

TOHOシネマズ 池袋
7月3日(金)グランドオープン

取材・文:杉本穂高

関連記事(外部サイト)