永瀬廉&伊藤健太郎、『弱虫ペダル』クランクアップ 「劇場で僕らの頑張りを見て、青春を体験して欲しいです」

永瀬廉&伊藤健太郎、『弱虫ペダル』クランクアップ 「劇場で僕らの頑張りを見て、青春を体験して欲しいです」

『弱虫ペダル』永瀬廉&伊藤健太郎 クランクアップ

累計2500万部を突破した大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』を原作に、永瀬廉(King & Prince)主演で実写化される同名映画のクランクアップ写真が解禁された。

2008年から週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始した『弱虫ペダル』は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道(おのだ さかみち)が、入部した自転車競技部で出会ったかけがえのない仲間たちと共にレースに挑戦する姿を描いた物語。キャストが2月初旬にクランクインした後、緊急事態宣言を受けて撮影が中断となっていたが、宣言解除後の6月某日から細心の注意を払いながら、撮影が再開された。

クランクアップの日は、永瀬廉演じる主人公と伊藤健太郎演じる今泉俊輔のふたりがロードレース対決をする重要なシーンを撮影。永瀬は、クランクインの時同様、再び前髪を眉上までカットし、大きな丸眼鏡をかけたお馴染みの姿で登場、炎天下の中急な坂道をふたりは限界ギリギリまで登りきった。無事クランクアップを迎えた永瀬は「今日の激坂はとにかくキツかった! でも、皆でずっと練習から頑張って、苦しい時もありましたが、それすら今はいい思い出です!」、伊藤は「俺も今日が1番キツかった! 寒い時期から暑い時期までかかりましたが、無事に怪我なくクランクアップできてよかったです」と振り返る。そして、改めてふたりとも「当たり前の出来事が経験できなくなった今だからこそ、是非劇場で僕らの頑張りを見て、青春を体験して欲しいです。」とコメントした。

『弱虫ペダル』
8月14日(金)公開

関連記事(外部サイト)