MIYAVI、進化系バーチャルライヴ 「Virtual LIVE - Level 2.0」開催! ドローンを駆使して全18曲披露

MIYAVI、進化系バーチャルライヴ 「Virtual LIVE - Level 2.0」開催! ドローンを駆使して全18曲披露

MIYAVI「Virtual LIVE - Level 2.0」

MIYAVIが6月27日(土)に進化系バーチャルライヴ 「Virtual LIVE - Level 2.0」を開催した。

MIYAVIは今年5月に「どんな状況でも音楽を止めない」バーチャルプロジェクト “MIYAVI Virtual”を始動。第一弾として、全編USアニメーションチームによって制作された『Holy Nights』のミュージックビデオを公開し、第二弾では自宅スタジオから『“Holy Nights” Virtual Tour 2020』を開催し、各プラットフォームを介して日本、アメリカ、ヨーロッパ、中国で配信した。第三弾では、全編USプロジェクトチームで制作し、ヴォリュメトリックキャプチャを使用した3D映像となる『Need for Speed』ミュージックビデオ公開し、話題となっている。

そんなMIYAVIが相棒BOBOとのバンドスタイルを復活させ、ポストコロナにおける新たな配信ライヴとなる進化系バーチャルライヴ「Virtual LIVE - Level 2.0」を実施した。当日はドローンカメラを3台、固定カメラ3台、計6台の無人カメラを駆使し、アンコール含む全18曲のパフォーマンスを披露。この「Virtual LIVE - Level 2.0」は日本、全米、ヨーロッパ、中東等、様々なプラットフォームを活用し配信されている。

「Virtual LIVE - Level 2.0」は、『Holy Nights (Intro)』のパフォーマンスからスタート。その後も『Need for Speed』や『So On It』などをBOBOとのバンドスタイルで披露した。MC後は、日本テレビ系列『スッキリ』で自宅からファミリーコラボLIVEで生披露した『TOKIO』をパフォーマン。そして、テレビ朝日系列『MUSIC STATION』で自宅からファミリーコラボLIVEで披露した『Holy Nights』もパフォーマンスしている。

 MIYAVIは「今回、ドローンでの完全無人撮影にチャレンジしました。ライヴができないから、やってるんじゃない。こういう状況だからこそできること、をやっていくつもりです。次を見ています。Level 3.0へ、いきましょう。音楽が人を繋げてくれると信じてますし、だからこそ、音楽を止めずに、音楽家として、どんな環境であっても進んでいきたいなと思ってます。声が続く限り、叫び続けていたい」と熱く語った。次なるステージとなる、Level 3.0 の詳細は近日発表されるとのこと。このような状況でも進化を続けるMIYAVIの動向に目が離せない。

【セットリスト】
1. Holy Nights (Intro)
2. Need for Speed
3. So On It
4. In Crowd
5. Rain Dance (Dim it)
6. TOKIO
7. Perfect Storm
8. Heaven Is A Place on Earth
9. Holy Nights
10. Tears On Fire
11. Other Side
12. No Sleep Till Tokyo
13. Let Go
14. Raise Me Up
15. Fire Bird
16. Bang!
17. Under The Same Sky
(アンコール)
1.Hands To Hold

関連記事(外部サイト)