メインキャストの来日が決定! Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス』シーズン3、配信へ

メインキャストの来日が決定! Netflixオリジナルドラマ『フラーハウス』シーズン3、配信へ

『フラーハウス』シーズン3

シーズン3には、日本が舞台となるエピソードが含まれており、メインキャストが来日して撮影が行われる。来日するキャストは、タナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、D.J.の親友キミー役のアンドリア・バーバー、D.J.の愛息ジャクソン役のマイケル・キャンピオン、マックス役のエライアス・ハーガー、キミーの愛娘ラモーナ役のソニー・ブリンガス、キミーの元夫であるフェルナンド役のフアン・パブロ・ディ・パチェ、D.J.の元カレであるスティーブ役のスコット・ウェインガー、D.J.の彼氏マット役のジョン・ブラザートンの総勢9名。8月に撮影が実施される予定だ。

昨年開催された来日プレミアの会場で、ブレが「みんながシーズン2を観てくれたら、3が作られることになって、タナー家もまた日本上陸を果たせるかもしれません」とコメントを寄せていたが、その言葉は、わずか1年も経たずして実現されることになる。

『フラーハウス』シーズン3

Netflixにて9月22日(金)より、第1話から第9話配信

関連記事(外部サイト)