マット・デイモンが『Charlatan』に主演

マット・デイモンが『Charlatan』に主演

マット・デイモンが『Charlatan』に主演の画像

彼が演じるのは、1920年代に実在した医師ジョン・R・ブリンクリー。インポテンスを治療できるという虚偽のうったえをして、アメリカで最も大金持ちの医者となった人物だ。原作は2008年に出版されたノンフィクション本。『オーシャンズ13』のブライアン・コッペルマンとデヴィッド・レヴィーンが脚色を手がける。

デイモンの最新作は、今月のトロント映画祭で上映された『Suburbicon』と『ダウンサイズ』。前者の監督はジョージ・クルーニー、後者はアレクサンダー・ペイン。次回公開作は、『オーシャンズ11』を女性キャストでリブートする『Ocean’s Eight』。出演はアン・ハサウェイ、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、ダコタ・ファニング、ケイティ・ホームズ、ヘレナ・ボナム=カーター、リアーナら。

関連記事(外部サイト)