長瀬智也主演×池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル公開

長瀬智也主演×池井戸潤原作『空飛ぶタイヤ』ウルトラティザービジュアル公開

『空飛ぶタイヤ』

ある日、1台のトレーラーが脱輪事故を起こし、ひとりの主婦が命を落とした。トレーラーを所有する運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングを受ける。だが、無実を信じる赤松は車両の構造そのものに問題があったのではと、製造元のホープ自動車へ調査を要求。赤松を疎ましく思いながらも、ホープ自動車のカスタマー戦略課課長の沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、原因を突き止めようと動き出す。時を同じくしてホープ自動車の経営計画に疑問を抱いた、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)も独自の調査を開始していた。彼らが辿り着いた真実、それは過去にも行なわれていた大企業の“リコール隠し”だった―。

男たちが、大企業に立ち向かう世紀の大逆転劇。それを演じるのは日本を代表するオールスターたち。ドラマ『ごめん、愛してる』の好演が記憶に新しいTOKIOの長瀬智也をはじめ、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、Love-tune阿部顕嵐(ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼……と、追加キャストが発表されるたびに大きな話題となっている。

公開されるビジュアルには、長瀬演じる赤松が巨大組織に立ち向かう覚悟の表情を浮かべる様子が映し出されている。信念を貫く姿が、観客の心を強く打つ。そしてチラシの裏面には、ディーン・フジオカ扮する沢田が、まっすぐ正面を見つめる姿が捉えられている。

原作者の池井戸潤は「もし、人を死に至らしめる欠陥を知りつつそれを隠蔽していたなら、それは社会に対する重大な罪だ。それでも大企業なら許されるのかー。問われているのは、我々の見識と勇気である」とコメントしている。正義とは何か、守るべきものとは何かを問いかける重厚な社会派人間ドラマに期待が高まる。

『空飛ぶタイヤ』

関連記事(外部サイト)