アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』予告編公開

アキ・カウリスマキ監督最新作『希望のかなた』予告編公開

『希望のかなた』

本作は、北欧フィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、生き別れの妹を探すシリア難民の青年カーリドが、レストランオーナーのヴィクストロムとその仲間と出会い、彼らのちいさな善意に救われる物語。

主演を務めるのは、英語、アラビア語、フィンランド語を喋れる中東出身の俳優で「ユーモアが理解できる人」というカウリスマキの要望を見事に満たしたシェルワン・ハジ。『希望のかなた』はこれまでの『過去のない男』『街のあかり』で見せたカウリスマキ節はそのままに、今や全世界で火急の課題となった難民問題に真正面から向き合い、カウリスマキの新境地を感じさせる作品に仕上がっている。

この度公開された予告編では、フィンランドの音楽にのせて、ヴィクストロム役のサカリ・クオスマネンやカティ・オウティネンをはじめとする個性的なカウリスマキ組の常連組、カウリスマキの愛犬ヴァルプも登場。レストランの従業員がそろって日本の法被姿になるシーンなどが映し出され、独特の人情劇の一旦を垣間見ることができる。

『希望のかなた』

関連記事(外部サイト)