『君の名は。』ハリウッドで実写化決定 東宝×パラマウント・ピクチャーズ×バッド・ロボットで開発

『君の名は。』ハリウッドで実写化決定 東宝×パラマウント・ピクチャーズ×バッド・ロボットで開発

『君の名は。』

ハリウッド版実写映画は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などを手がけた制作会社“バッド・ロボット”のJ.J.エイブラムスとリンジー・ウェバーがプロデュースを担当。脚本は『メッセージ』のエリック・ハイセラーが務める。また、アニメ版映画のプロデューサー川村元気が、今作でもプロデューサーとして開発に参加。

本作は、2016年8月26日に公開され、興行収入250億円を突破し、邦画興行収入歴代2位(興行通信社調べ)を記録したアニメーション映画。アジア圏では週末映画ランキングで、7冠(日本、台湾、香港、タイ、中国、韓国、ベトナム)を達成し、さらに韓国・中国・タイ・台湾・ベトナムでは現地で公開された日本映画として歴代興収の新記録を打ち立てた。なお、現在135の国と地域で配給が決定している。

■新海誠(原作・脚本・監督)コメント

『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれないーーそんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています。

■川村元気(プロデューサー)コメント

これ以上ない、夢のようなチームになりました。J.J.エイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJ.J.エイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJ.J.エイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた『メッセージ』はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います。

■島谷能成(東宝社長)コメント

日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています。

『君の名は。』

関連記事(外部サイト)