忌まわしき過去に囚われる女役に体当たりで挑戦! 長谷川京子が『光』での熱演を語る

忌まわしき過去に囚われる女役に体当たりで挑戦! 長谷川京子が『光』での熱演を語る

『光』に出演した長谷川京子

本作は美花たちの子供時代からスタートする。美花と彼女と付き合う信之、信之を慕っている弟分の輔は、島に訪れた大災害で全てを失う。その災害の直前、森で美花が男に襲われているところに信之と輔が通りがかり、その男を信之は殺してしまうのだ。長谷川はその事件から25年後の美花を演じたのだが「ある意味、どんな色にも染められる役だったので、役作りはとても悩みました」と言う。

「子供時代のパートの映像は見せていただいたので、美花が抱えるトラウマは理解できるんですが、私が撮影に参加したときまでに作り上げたテンポや温度感がつかみきれなかったんです。分からないことだらけなので、ある程度のベースを考えて、あとは現場で監督と相談する中で何度も微調整していきました。その作業はとても楽しくて(笑)。まるで大森監督のワークショップか、舞台の稽古をつけてもらっているような感じ。“大森塾”に」

大人になった美花は、プライベートを語らない謎多き女優に。一方、信之は妻子と幸せに暮らしていた。そんなある日、輔は忌まわしい過去の告発をふたりにほのめかすことで、物語は大きく揺れ始める。「美花が女優になったのは、人生には光がない、という気持ちと、光があってほしい、という気持ちが同居していたからじゃないかと思うんです」と長谷川。「彼女はある日突然故郷の島を失ったことと、そのときに起きた事件で、東京で華やかな仕事をしていても、心はずっと島に囚われているんです。光を見出そうともがいているんですが、見出せない。そんな複雑な気持ちを表現するのは、とても難しいことでした」

そんな体当たりで挑んだ現場だが、「(井浦)新さんとのベッドシーンは、テストなしで入ったんですよ」と、さらなる体当たりエピソードも。

「あのシーンでは新さんが首をしめてきたんですが、それもまったく聞いていなくて。“なに、なに!?”って、なりますよね(笑)? 後で新さんに聞いたんですが、撮影直前に監督から指示されていたんですって(笑)。いずれにしても自分の瞬発力や対応力を求められた作品ですね。『さよなら渓谷』のときの真木よう子さんのような、この作品よりもチャレンジな役にも挑戦してみたい欲もちょっと出てきた……かな(笑)?」

取材・文:よしひろまさみち 撮影:源賀津己

メイク:佐々木貞江 スタイリング:長澤実香(TOKYOEDGE.)

ドレス486000円/ロエベ(ロエベジャパン カスタマーサービス)

問い合わせ:ロエベジャパン カスタマーサービス(03-6215-6116)

『光』

関連記事(外部サイト)