黒人映画批評家サークル、作品賞は『マッドバウンド 哀しき友情』

黒人映画批評家サークル、作品賞は『マッドバウンド 哀しき友情』

黒人映画批評家サークル、作品賞は『マッドバウンド 哀しき友情』の画像

黒人映画批評家サークルが、賞を発表した。2010年に創設されたこのグループは、有色人種の批評家で構成されるが、賞の対象となる俳優、監督などは、有色人種に限られていない。

今年度の作品賞に輝いたのは、黒人女性ディー・リースが監督する『マッドバウンド 哀しき友情』。監督賞は、やはり黒人の『ゲット・アウト』のジョーダン・ピールだった。

しかし、主演男優賞のゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』)と、主演女優賞のフランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)は、いずれも白人。脚本賞は『ゲット・アウト』、脚色賞は『マッドバウンド…』、アニメ賞は『リメンバー・ミー』だった。

関連記事(外部サイト)