“女の子の夢”がスクリーンに! 『未成年だけどコドモじゃない』が満足度第1位

“女の子の夢”がスクリーンに! 『未成年だけどコドモじゃない』が満足度第1位

『未成年だけどコドモじゃない』

「ぴあ」調査による2017年12月22日、23日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、Sexy Zoneの中島健人、『ReLIFE リライフ』の平祐奈、Hey! Say! JUMPの知念侑李が共演した学園ラブコメディ『未成年だけどコドモじゃない』が第1位になった。

本作は、16歳の誕生日に両親から学校イチのモテ男との“結婚”をプレゼントされたお嬢様の香琳と、結婚相手の尚、幼馴染の五十鈴の三角関係を描いた作品。ジャニーズの人気グループSexy ZoneとHey! Say! JUMPのふたりの共演に、「ケンティの顔が美しかった! 知念くんから取り返すシーンの汗がよかった!」「キスシーンや、ギュッと抱き寄せてくるところにキュンときた」「中島くんがイケメン過ぎて“王子様”感がすごい!」「知念くんが、普段言わないようなことを言うキャラクターを演じていて意外な一面が観られた」など黄色い声が続出。10代、20代の観客から高い満足度を集めており、「女の子の夢を形にしたような映画」「現実に戻れない!フワフワした気分」「私も映画に出てきたみたいな江の島デートしてみたい!」などの声もあった。

劇場には「彼女に連れられて来た」「孫が観たいと言うので観に来た」と話す観客の姿もあり、「コメディ的な要素が多い作品かと思っていたが、感動的なシーンが多かった」「単純なラブストーリーではなく、家族構成だったり色々なことが関わってきて深さがあった。主役の女の人が天然でキャピキャピしたキャラを貫き通していてよかった」「若い世代の話なので両親の気持ちになって観ていた。ストーリーは夢があって楽しかった」などの声があがった。

関連記事(外部サイト)