スピルバーグ絶賛! メリル・ストリープ×トム・ハンクス『ペンタゴン・ペーパーズ』ポスター到着

スピルバーグ絶賛! メリル・ストリープ×トム・ハンクス『ペンタゴン・ペーパーズ』ポスター到着

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』ポスタービジュアル

ゴールデン・グローブ賞6部門にノミネートされた、スティーブン・スピルバーグの『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。実話を基にした本作は、2大オスカー俳優メリル・ストリープとトム・ハンクスが初競演することでも注目を集めている。日本公開に期待が高まる中、ポスタービジュアルとスピルバーグ監督の絶賛コメントが届いた。

“ペンタゴン・ペーパーズ”とは、アメリカ国防総省のベトナム戦争に関する極秘報告書。1971年、戦争の長期化にともなって、文書は7000枚にも及んでいた。ある日、その文書が流出し、一部がニューヨーク・タイムズによってスクープされる。ライバル紙に先を越されたワシントン・ポストでは、アメリカ史上初の女性発行人キャサリン・グラハムと編集主幹のベン・ブラッドリーのふたりが残りの文書を入手するべく奔走する。

この度、到着したポスタービジュアルは、グラハムに扮したストリープと、ブラッドリー役のハンクスが、信念を持って記事に向き合う姿を切り取ったもの。グラハムの眼差しに、政府を敵にしても全貌を明らかにしようとする、勇気と強さを感じさせる。

監督を務めたスピルバーグは、そんなふたりの演技を絶賛。ストリープについては「キャサリン・グラハムという人物を本当に深いところまで掘り下げていた」と驚き、同じ現場にいたがなぜそれができるのかわからなかったという。また、本作でタッグを組むのは5作目となるハンクスについては「トムは毎回私を驚かせる。彼自身の解釈によるベン・ブラッドリー像を目撃できたのは素晴らしい体験だった」と明かした。

製作のエイミー・パスカルも「トムとメリルが編集室のセットに入ってきた時、みんなが驚きで口をぽかーんと開けてしまったわ。ふたりはグラハムとブラッドリーそのものだった。ふたりとも役に完全に成りきる俳優だし、とにかく驚異的だったの」と、息の合った圧巻の演技に感銘を受けたと話した。

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

関連記事(外部サイト)