クリント・イーストウッド監督作『15時17分、パリ行き』、“タリス銃乱射事件”現場で撮影された予告編公開

クリント・イーストウッド監督作『15時17分、パリ行き』、“タリス銃乱射事件”現場で撮影された予告編公開

『15時17分、パリ行き』

クリント・イーストウッド監督による新作『15時17分、パリ行き』より、日本版予告編とイーストウッド監督からのメッセージが公開された。本作は、『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』の巨匠・イーストウッド監督が、実際に起こった無差別テロ“タリス銃乱射事件”を映画化したもの。

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、554名の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かう。

公開されたのは、事件現場で撮影された本予告。銃を手にした犯人が乗客たちの車両へと歩みを進める車両内の緊迫と、テロに立ち向かった3人の若者たちの生い立ちが収められている。「自分の過去を振り返ると、何を優先して生きてきたかがわかる」という声に重なり、軍隊に入隊し厳しい訓練に励む青年、幼き日にベッドに身を託して祈りをささげる少年、学校でイジメにあい、ふて腐れながらロッカーに八つ当たりする姿……。そして、いつも温かく見守ってくれた母のハグなど、彼らの成長の葛藤が映し出されている。

イーストウッド監督は「この映画はごく普通の人々に捧げた物語」だと語り、旅行中の若者たちがテロに直面したとき、とっさに行動し554人を救ったことに敬意を表す。映画化に当たって、イーストウッド監督は、ハリウッド映画史上初となる大胆なキャスティングに挑戦。テロを阻止した3人の若者たち本人こそふさわしい顔だと感じた監督は、スペンサー・ ストーン(写真左)、アレク・スカラトス、アンソニー・サドラー(写真中央)に、彼ら自身を演じてもらうことを決断した。この挑戦について、「映画を観たらちょっと驚くと思う」と自信をのぞかせている。

なお、主演の3人が本人役で出演するほか、当時の列車に居合わせた乗客たちも多数出演。実際に事件が起きた場所で撮影が行われた。

■クリント・イーストウッド監督コメント

この映画はごく普通の人々に捧げた物語です。

彼らは旅行中の青年で、テロリストが電車に乗り込んできた時にとっさにアクションを起こしたのです。テロリストは 300 発近くの弾丸と銃を持っていました。悪事を企んでいたことは明白です。

私は、数多くの素晴らしい俳優たちと出会ってきました。おそらく彼らを起用したとしても素晴らしい仕事をしてくれたでしょう。しかし私は、この3人の若者たち自身に演じてもらうことこそ、もしかすると面白い試みなのでは?と思い始めました。私は彼らと共に、事件が起こった全く同じ場所で撮影を行いました。彼らは熱意をもって挑戦し、私たちは彼らを受け入れました。きっと映画を観れば、驚いてくれると思います。

3人のどこにでもいる普通の若者たちが、あの事件を体験した他の人々とともに、あの場所を再び訪れるという体験は、彼らにとっても心の浄化になったのではないかと思っています。(コメント出所:Clint Eastwood’s The 15:17 to Paris - get a first look at terrorist train attack drama/EW.com)

『15時17分、パリ行き』

関連記事(外部サイト)