『死霊魂』ワン・ビン監督からメッセージ映像到着 「私個人にとっても大変苦労し力を尽くした作品」

『死霊魂』ワン・ビン監督からメッセージ映像到着 「私個人にとっても大変苦労し力を尽くした作品」

『死霊魂』(c)LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CIN?MA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

8月1日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開される映画『死霊魂』のワン・ビン監督からメッセージ映像が到着した。

2018年カンヌ国際映画祭で上映されると「我々の時代の『ショア』(ホロコーストを題材にした映画史の重要作)だ!」(Screen Daily)、「これは爆発物だ!」(Hollywood Reporter)と衝撃を与え、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で大賞と観客賞をダブル受賞した『死霊魂』。本作は、中国史の闇とも言われる“反右派闘争”の再教育収容所を生き延びた人々にカメラを向け、その証言によって収容所で命を落としたおびただしい死者の魂を呼びおこそうと世界的ドキュメンタリー監督ワン・ビンが全精力を注いだドキュメンタリー映画だ。8時間26分もの上映時間、休憩2回を挟む3部上映という作品となっている。

今回公開されたワン・ビン監督からのメッセージ動画では、当初4月予定だった公開のための来日が新型コロナウイルスの影響で中止になったため、日本の観客に向けて3月下旬に北京で撮影されたもの。来日できないことに関して、メッセージでは「皆さんと会う機会を失ったのが残念」とコメントを寄せている。また、「完成するまで長期間かかった」と振り返るワン・ビン監督。本作については、「私個人にとっても大変苦労し力を尽くした作品」と熱い想いを語った。

映画は一日がかりの異例の上映のため、すでにシアター・イメージフォーラムではオンライン&劇場窓口で座席指定予約受付中( http://www.imageforum-reserve.jp/imfr/schedule/indexPre.php?dsType=pre )。また「映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を厳密に順守し、強制的な機械換気が可能な空調設備による換気、各部の上映ごとの扉の開放、消毒などを徹底するとのことだ。



『死霊魂』
8月1日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

関連記事(外部サイト)