実写版『ダンボ』 ティム・バートン監督&コリン・ファレル来日決定

独特な映像美に期待の『ダンボ』、ティム・バートン監督とコリン・ファレルの来日決定

記事まとめ

  • 全世界注目の映画『ダンボ』のティム・バートン監督と、コリン・ファレルの来日が決定
  • 鬼才・バートン監督は『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』など手がけた
  • 独特な映像美と世界観でファンタジックに描く奇跡の物語に、早くも期待が高まっている

実写版『ダンボ』 ティム・バートン監督&コリン・ファレル来日決定

実写版『ダンボ』 ティム・バートン監督&コリン・ファレル来日決定

『ダンボ』ティム・バートン監督メイキング

3月29日(金)より公開となる、全世界注目の映画『ダンボ』。この度、本作の監督を務めるティム・バートンと、コリン・ファレルの来日が決定した。

『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』など、強い個性を持つキャラクターたちの成長を描いてきた鬼才・バートン監督。「(『ダンボ』が)お気に入りのディズニー・アニメーション」と語る彼が、その名作『ダンボ』をベースに、オリジナル脚本で実写映画化するのだ。彼が独特な映像美と世界観でファンタジックに描く奇跡の物語に、早くから期待が高まっている。

そんなバートン監督が描く新たなダンボの物語で、ダンボを助けその運命を握るキーマンとなるサーカス団の元看板スターのホルトを演じたファレルは、「稀代のビジュアルアーティストのティム・バートンと『ダンボ』という題材ほど、幸せな組み合わせはない!」と出演を即決したことを明かしている。

親日家としても知られるバートン監督は、映画のPRとしては2年1カ月ぶりの来日となり、ファレルは、14年1カ月ぶりの来日となる。バートン監督は、「3月にコリンと一緒に大好きな日本へ行くことになったんだ。マッテテネ!」とコメントし、来日に期待を膨らませる。そしてふたりは、3月14日(木)に実施される、作品の世界観をイメージしたジャパン・プレミアへの登壇も予定している。ファレルは、「ティムとの仕事はとても楽しいんだ」とお気に入りの題材に取り組むバートン監督との撮影を振り返る。そして、「ティムのエネルギーを感じて、ダニー(・デヴィート)たちと一緒に撮影する。おまけにセットが素晴らしい。毎日が本当に最高だったよ」と、空中ブランコの女王のコレットを演じたエヴァ・グリーン、NYの巨大テーマパーク“ドリーム・ランド”を経営しているやり手の興行師ヴァンデヴァーを演じたマイケル・キートン、ホルトの所属するサーカス団の団長メディチを演じたダニー・デヴィートという、バートン監督が最も信頼しているキャストと“バートンの世界”に入り込んだ毎日を楽しんだのだという。これから公開まで、ますます盛り上がることとなりそうだ。

『ダンボ』

関連記事(外部サイト)