齋藤飛鳥「私の人生の分岐点になった作品」 山下美月×梅澤美波×小西桜子×グレイス・エマ“最強の世界”を語るイベントレポート

齋藤飛鳥「私の人生の分岐点になった作品」 山下美月×梅澤美波×小西桜子×グレイス・エマ“最強の世界”を語るイベントレポート

『映像研には手を出すな!』完成報告会見

『月刊!スピリッツ』連載中の同名コミックをTVドラマシリーズ化した、乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波出演『映像研には手を出すな!』が終了。その映画版が9月25日(金)より全国公開される。この度、映画版の完成を記念して、完成報告会見(オンライン記者会見)が実施された。

イベントには、映像研の電撃3人娘こと乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波に加え、“大・生徒会”の会長を演じた小西桜子、書記のグレイス・エマ、本作のメガホンを取った英勉監督が登壇した。

映画版の完成を報告できることとなった、今の気持ちを聞かれた齋藤は「ドラマが放送されてから結構時間が経ってしまったので、今自分が演じている浅草みどり役を見ると、照れくさくて、はずかしいです」とはにかみながら回答。山下は「延期にはなってしまったんですが、無事に公開が決まっていて、本当にほっとしています。映画も素晴らしく面白い作品になっていますので、ぜひ観て頂ければ嬉しいです!」と意気込みを語った。

続けて梅澤は「この作品が世に放たれると思うと、凄くワクワクしています。完成したものを3人で一緒に観たのですが、終わった後に3人で無言で見つめ合う、とても良い時間があったんです。だから、これは良いものが出来たな、とその時に実感したので、本当にたくさんの方に観て頂きたいと思います」と自信を覗かせた。

MCから齋藤・山下・梅澤の演技について聞かれた監督は「皆さん本当にプロフェッショナルで素晴らしいんですよ。梅澤さんは、金森を賢そうにみせるのが爆発的に上手いです。山下さんは、セリフがないときのツバメちゃんが抜群にいい。他の人がしゃべっているときの間合いの取り方とか凄くて。齋藤さんは、もうね“ド天才”ですよ」と大絶賛。

続けて、印象深かったシーンについて聞かれた齋藤は、「結構ワイヤーに吊るされたり、上から落ちたり、大変な撮影が多かったんですが、その中でも一番は、ドラマでワイヤーに吊るされるシーンで、私が“ぐあんぐあん”しながら身を任せるので、操作してくださる方が楽しんでくれて、私死ぬのかな(笑)と思いながらも結構楽しくて、一番印象的でした」と大掛かりな撮影の思い出を語った。

また、ドラマ放送時からクオリティの高さが話題になっていた本作。VFXについて聞かれた監督は「VFXのシーンは何もない所で演じなきゃいけないので、心の持ちようが難しいですよね。ロボットなのに、実は風船を見上げながら“すごーい”って言っているだけなんですよ!」と撮影の裏話を語ると、梅澤は「完成版を観た時に本当にあの場所に(ロボットが)居なかったんだっけ!? と思うくらい艶感とかも凄いし、私たちの演技も凄くないですか!?(笑)」と自画自賛し、会場の笑いを誘っていた。

映像研以外のキャラクターも個性豊かなことで注目されている本作で、生徒会長役を全うした小西もオススメのシーンに地下水路でのVFXシーンを上げ「自分がVFXシーンの撮影に参加していなかったので、現実世界とアニメを作る頭の中の“最強の世界”が合わさる感じが夢のようで好きです」と完成した映像を見て、感激した様子を見せた。続けてグレイスは、ドラマ最終話の部活動が入り乱れる乱闘シーンオススメに上げ「色んな部活が出てきて、携帯を投げるシーンがあったり、失敗できないので、すごく緊張しました」と初の映画撮影の印象を語った。

これを受けた監督は「しっかりしてるよね。撮影の時、中2ですよ!?」と大人すぎるグレイスの佇まいに驚きを隠せない様子だった。さらに、本会見に参加できなかった大・生徒会斬り込み隊長・阿島九役の福本莉子からメッセージ動画も到着。金森に圧倒されるシーンや映画冒頭での気象研究部をとのアクションシーン(頭突き)で、軽いむち打ちになったことなど、驚きの裏話を明かした。

最後に“最強の世界”を感じた瞬間を聞かれた齋藤は「浅草を演じて、やっと人間になってきたねと言われることが多くなったんです。私を人間にさせてくれた作品です。後輩ふたりとの関係性もいい意味で変わったし、私の人生の分岐点になった作品でもあって、人としての“最強の世界”が切り開けたなと思いました」という“最強の回答”を語り、会場内で拍手が起こり、イベントは幕を閉じた。

映画『映像研には手を出すな!』
9月25日(金)より全国公開

関連記事(外部サイト)