山崎賢人×土屋太鳳、Netflix『今際の国のアリス』12月10日配信へ 世界観が垣間見える特報映像も

山崎賢人×土屋太鳳、Netflix『今際の国のアリス』12月10日配信へ 世界観が垣間見える特報映像も

今際の国のアリス

山崎賢人と土屋太鳳が主演を務める、佐藤信介監督の最新作Netflix『今際の国のアリス』の全世界への配信日が2020年12月10日(木)に決定。さらに謎に包まれた本作初のビジュアルも公開された。

本作は、『週刊少年サンデーS』(小学館)にて2010年から2015年まで連載後、『週刊少年サンデー』(小学館)にて2015年から2016年まで連載され、単行本は全18巻にも及ぶ同名大人気コミックスを映像化するもの。やりきれない日常に苛立つ無職の有栖(アリス)良平が、仲間ふたりと東京をブラつくある日、不思議な光が放たれ、気づけば周囲の人気は消えていた。しかし、その空っぽの東京ではゲームが次から次へと始まり、一歩誤れば命が奪われる理不尽な難題の数々を前に、アリスたちは必死に戦うしかないのだった。今際の国で巻き起こる、ミステリー・アクション・人間ドラマ満載のSFサバイバルシリーズとなる。

『アイアムアヒーロー』『GANTZ』『いぬやしき』や、原泰久のベストセラー漫画を実写化した『キングダム』など手がけてきた佐藤監督が、Netflixオリジナルシリーズとして本作の映像化に挑んだ。



公開されたスーパーティザーアートは人で溢れ返る普段のスクランブル交差点とは打って変わり、空っぽで殺風景な交差点が舞台。突如変わってしまった世界を前にアリス(山崎)とウサギ(土屋)が上空を見上げ立ちすくんでいる様子が伺える。

同時に公開されたSNS用の特報映像は、上空を見上げるふたりに向かって、配信日を知らせるカードが落ちるという内容。さらにその中には謎のトランプも含まれている、という本作の世界観を垣間見る事の出来る映像となっている。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記。

Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
12月10日(木)Netflixにて全世界独占配信

関連記事(外部サイト)