大野智「いろんなことあったけれど……今が、一番愛おしい」 『ARASHI’s Diary -Voyage-』第15&16話予告編公開

大野智「いろんなことあったけれど……今が、一番愛おしい」 『ARASHI’s Diary -Voyage-』第15&16話予告編公開

『ARASHI’s Diary -Voyage-』第15話&第16話

嵐のドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』の第15話が10月19日(月)の16時から、第16話が10月13日(土)の午後4時からNetflixで全世界配信となる。

昨年にデビューから20周年を迎え、国民的グループとして確固たる存在感を放つ嵐。『ARASHI’s Diary -Voyage-』は、そんな彼らの素顔を追ったNetflixオリジナルドキュメンタリーシリーズだ。

第15話のサブタイトルは「2020年」。2019年大晦日に櫻井翔がNHK紅白歌合戦を終え、ジャニーズカウントダウンへと向かう移動車の中で嵐は新年を迎えた。嵐にとっては、休止まであと1年という重要な年になるはずだった“2020年”。1月には始まっていた国立競技場公演、中国・北京公演へ向けての打ち合わせ、デジタル解禁……。忙しい日々を送っていた矢先、新型コロナウイルスが世界的に感染拡大し始めていた。そんな状況でもファンに「何か楽しいことを届けられたら」と、嵐はインスタライブ配信やリモート紙芝居などを開催。厳しい現実に悔しさをにじませながらも、前を向き進んできた嵐の“2020年”に迫る。

第16話「OHNO’s Diary」は嵐のリーダー、大野智にカメラが向けられる。「子供の頃は、結構落ち着きのない子だった」と語る大野は、多感な少年時代を過ごした地元や思い出の地を尋ねながら、これまでの記憶を辿る。そして小学時代に夢中になった”絵を描くこと”は、デビュー後も大野の心の拠り所となっていた。今回は5年ぶり3度目の個展開催へ向けた制作活動に密着。大野が嵐の曲を聴きながら作品と向き合うアトリエを、嵐のメンバーが訪れる場面も。「いろんなことあったけれど…今が、一番愛おしい」と言い切るなど、普段はあまり表に出すことのない大野の本当の想いに触れてほしい。

◆第15話予告編


◆第16話予告編


■配信情報
『ARASHI’s Diary -Voyage-』Netflixにて全世界独占配信中
第15話「2020年」日時:10月19日・16時
第16話「OHNO’s Diary」日時:10月31日・16時

関連記事(外部サイト)