Netflix『今際の国のアリス』キャスト12名が集結した圧巻のビジュアル&新予告映像公開

Netflix『今際の国のアリス』キャスト12名が集結した圧巻のビジュアル&新予告映像公開

Netflix『今際の国のアリス』グループアートビジュアル

山崎賢人、土屋太鳳W主演、佐藤信介監督のNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』が、12月10日(木)に全世界同時配信される。この度、過酷な世界を生き抜く12名の登場人物が集結した“グループアートビジュアル”と、本作の新予告映像が公開された。

原作は、麻生羽呂(あそう・はろ)のサバイバル・サスペンスコミック。2010年から2016年まで『週刊少年サンデーS』『週刊少年サンデー』にて連載され、2020年10月からは、新章となる『今際の国のアリスRETRY』が『週刊少年サンデー』にて連載されている。人生に夢を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも生きる意味を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”でともに信頼を築き、生き延びるために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く。

W主演の山崎、土屋に加え、本作を支えるキャストには、村上虹郎、森永悠希、町田啓太、三吉彩花、桜田通、朝比奈彩、柳俊太郎、渡辺佑太朗、水崎綾女、吉田美月喜、阿部力、金子ノブアキ、青柳翔、仲里依紗といった面々が集結している。

この度公開されたグループアートビジュアルでは、アリス(山崎)とウサギ(土屋)を中心に、チシヤ(村上)、チョータ(森永)、カルベ(町田)らをはじめとする個性的な主要キャスト12人が一堂に介した迫力あるデザインとなっている。

新予告映像では、今回明らかとなったキャラクターたちの姿や、新たなシーンも切り取られた。アリスにとって最悪の1日になったある日、彼はいつものようにチョータやカルベたちと渋谷に集合し憂さ晴らしをしていた。すると、突如、目の前から人が一切消えてしまう。

無人と化した東京に戸惑うアリスたちの前に、「ようこそプレイヤーのみなさま」という不気味なメッセージが出現。その表示に従い雑居ビルに向かうと、突如”げぇむ”がはじまる。それはボーダーラインを越えたら最後、逃げることが許されない生きるか死ぬかの究極の”げぇむ”だった。この世界で、生き延びるためのルールはひとつ、この命をかけた”げぇむ”をクリアし生き残ること。”げぇむ”をクリアし、ビザを取得すれば、記載された数字の日数だけ命をつなぐことができる。

そんな極限の状態に追い込まれたアリスたちの前に「我々と“げぇむ”に参加するしかない」と話す謎の男、ボーシヤが登場。彼は一体何者なのか。「裏切り者には死を」と話すチシヤは敵なのか味方なのか。さらに、アリスが話すゲームマスターの目的とは……。理不尽な世界で、「生きること」に真正面から挑むアリスたちの命がけの戦いが描かれる。

徐々に明らかになってきた”今際の国”。「生きる」ために戦う彼は、目の前に立ちはだかる様々な危機を乗り越え、この究極の”げぇむ”をクリアすることができるのか。



Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
12月10日(木)全世界同時配信

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記
※柳俊太郎の「柳」は旧字体が正式表記。

関連記事(外部サイト)