ぴあアリーナMMに体験型コンテンツが新登場 デジタル寄せ書き「PIA Message Wall “ RENGA ”」

ぴあMMアリーナにて、アーティストとファンがお互いの気持ちや想いを届けあうことができる新サービス「PIA Message Wall “RENGA”」(ぴあメッセージウォール “レンガ”)を、11月21日(土)・22日(日)同会場にて開催される「BAYCAMP 2020」( http://baycamp.net/2020/ )を皮切りに展開することが発表された。

今年7月10日、横浜・みなとみらいに開業したぴあアリーナでは、待ちに待ったライブの1日を楽しんでほしいという思いを込めて、『その一日が、もっと楽しい。』をコンセプトに、ライブの体験価値を向上させるさまざまなサービスを提供。個性あふれる3形態の飲食サービス、音とインスタレーションアート空間「Motion Corridor(モーションコリドー)」に続く、新たなサービスがこの「PIA Message Wall “RENGA”」となる。

https://pia-arena-mm.jp/about/ux/renga

「RENGA」の使い方
ぴあアリーナMMの公演に訪れたファンは、スマートフォンでQRコードを読み込むだけで、専用アプリをダウンロードする必要なく、ブラウザからアーティストへのメッセージを投稿することが可能。WEBサービス上で、寄せ書きに使いたいペンやスプレー、さらには好きな色・太さを選んで手書き感覚でメッセージやイラストを描くことができ、アーティストへの想いを自由に表現できる。

完成したメッセージは、投稿するとリアルタイムで会場内の壁面3カ所に表示される。最大横8m×2.3mの壁がファンからのメッセージで埋め尽くされ、アーティストとファンの想いが交わる特別な空間を演出する。

開演前やグッズ購入の待ち時間などにメッセージを投稿することで、寄せ書きの前で記念撮影をしたり、同じファンからのメッセージを読んで気持ちを共有したりと、様々に楽しむことができる。なお「RENGA」への投稿は、ぴあアリーナMM来場者だけが可能となる。

アーティストはファンからの多数のメッセージを見ることができ、またアーティスト自身も「RENGA」上に投稿ができるので、公演前に気分を盛り上げたり、ステージ上でのコミュニケーションのきっかけとしても活用することが可能だ。

公演終了後、「RENGA」の寄せ書き画像は、「Motion Corridor」など屋外のデジタルサイネージにも表示され、さらにはぴあアリーナMMの公式ホームページでアーカイブとして掲載される予定で、寄せ書き画像を使ったコラボグッズなどの開発も検討中だという。

「PIA Message Wall “RENGA”」(ぴあメッセージウォール “レンガ”)
11月21日(土)、22日(日)より

関連記事(外部サイト)