上川隆也、初共演した加藤シゲアキは「安心感のある共演者」

上川隆也、初共演した加藤シゲアキは「安心感のある共演者」

上川隆也、初共演した加藤シゲアキは「安心感のある共演者」の画像

人気作家・中山七里の小説をドラマ化した『連続ドラマW 夜がどれほど暗くても』の完成報告会見が11月13日、都内で行われ、主演で連続ドラマWに約2年ぶりに登場する上川隆也、共演する加藤シゲアキと岡田結実が出席した。

数々のスキャンダルを暴く雑誌の副編集長・志賀倫成(上川)が送る順風満帆なジャーナリスト人生がある日一変。大学生の息子が殺人事件を起こし、犯行現場で自殺したことから、取材対象として追われる立場に。理不尽な報道やバッシングに精神をすり減らしながら、事件の真相究明に挑む。

中山氏の小説を映像化した『テミスの剣』をはじめ、過去にも連続ドラマWに数回出演している上川は「またこうして重厚な作品をお届けできると、うれしく思っています」と手応えを示し、役柄については「自分の人生が足元から崩れる転落を演じるのは、これまでのキャリアでも見受けられないので、新鮮でした。どんなキャラクターを目指すのか考えるのは楽しい時間だった」と回想。設定上「9割は罵られていた」と苦笑しながらも、「脚本の読後感がすごく良かったので、息苦しい題材ですが、ぜひ最後までご覧いただければ」とアピールしていた。

加藤は事件後にかつての上司である志賀を密着取材する若手記者という役どころ。WOWOWの連続ドラマ出演、そして記者役も初めてで「新鮮な気持ちで(撮影前から)とても楽しみでしたし、撮影中もその気持ちが裏切られることはなかった」。物語が展開するたび、志賀との関係性も変化していき「シーンごとの先輩への思いの動きを描いていきたいと思った。新人記者の青臭さも残っているので、視聴者の皆さんにも共感してもらえるキャラクター」だと説明。また、「もし何かを密着取材するなら?」と問われると、プライベートでも親交の深い嵐の大野智の名前を挙げていた。

上川と加藤は今回が初共演で「非常に理路整然と役作りを構築していて(精神的にも)安定していらっしゃる。安心感のある共演者」(上川)、「資料もしっかり読み込まれて、現場に立っている。撮影に臨む姿勢には、本当にたくさん勉強させていただきました。NGも出さないので、こちらはプレッシャーでした(笑)」(加藤)と振り返っていた。

事件で両親を失ってしまう被害者遺族を演じた岡田は、「そもそも役作りという経験もあまりないのですが、被害者遺族を生半可な気持ちで演じるのは失礼ですし、たくさんの手記を読んだりして、私なりに役柄に歩み寄った」と明かし、「(女優として)すごくいい経験になりましたし、他人事ではなく、もしかすると自分にも起こることかもと考えながら見ていただければ」と話していた。

取材・文・写真=内田涼

『夜がどれほど暗くても』
11月22日放送スタート
毎週日曜日よる10時WOWOWプライムにて放送(全4話)/第1話無料放送

関連記事(外部サイト)