藤井清美の小説『#ある朝殺人犯になっていた』が朗読劇に 須賀健太、山崎大輝、宮澤佐江、松本利夫ら出演

藤井清美の小説『#ある朝殺人犯になっていた』が朗読劇に 須賀健太、山崎大輝、宮澤佐江、松本利夫ら出演

藤井清美『#ある朝殺人犯になっていた』

藤井清美がネット化した現代の闇をユーモラスにミステリー仕立てに描いた新作小説『#ある朝殺人犯になっていた』が朗読劇として上演決定。1月29日(金)〜2月7日(日)の期間、こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロにて上演される。

『#ある朝殺人犯になっていた』はU-NEXTで電子書籍として配信された後、11月にU-NEXT初の紙の書籍として出版されたばかりの話題作。相方の佐藤昌紀と漫才コンビ「スレンダーズ」を組んで3年になる売れない芸人の主人公・浮気淳弥。ある朝、 浮気はSNS上で自分がひき逃げ犯だという噂が広がっていることを知る。ネット民は怒り狂い、浮気は事実無根だと否定するもプライバシーが晒され、ついには普通の生活を送れなくなってしまった。本作では、そんなネットの炎上や個人攻撃のメカニズムを赤裸々に暴き出した小説を戯曲化し、ステージングと生演奏、 映像を使用した新感覚朗読劇を目指す。

さらに、本作は新型コロナウイルスで外出困難となった人たち、 そして障害や疾患、 育児や介護などを理由に劇場や展示鑑賞が困難な人たちに対しても開かれた、 誰もが好きなときに好きな場所から観劇することができるバリアフリー型オンライン鑑賞の実現を目指す「“THEATRE for ALL”事業」(文化庁 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業『文化芸術収益力 強化事業』バリアフリー型の動画配信プラットフォー ム事業)に参加。視覚障害・聴覚障害の方も楽しめる「手話同時通訳」「生副音声」を組み込んだ生配信や、 アーカイブ配信する。

出演は須賀健太、山崎大輝と赤澤遼太郎(Wキャスト)、宮澤佐江と美山加恋(Wキャスト)、真凛、馬渕英里何、山崎裕太、松本利夫(EXILE)。チケット一般発売は1月22日(金)を予定している。

【公演概要】
朗読劇「#ある朝殺人犯になっていた」
期間:2021年1月29日(金)〜2月7日(日)
会場:こくみん共済 coop ホール / スペース・ゼロ
※U-NEXTにて生配信あり(2月予定)。詳細後日発表。
※THEATRE for ALL( https://theatreforall.net/ )にてアーカイブ配信(バリアフリー)あり。詳細後日発表。
https://horipro-stage.jp/stage/aruhan2021

関連記事(外部サイト)