凛として時雨、1月20日発売「Perfake Perfect」MV公開 本広克行監督のもとメンバーがホログラム化

1月20日にリリースされる凛として時雨のニューシングル「Perfake Perfect」のMVが本日24:00にYouTubeでプレミア公開される。

「Perfake Perfect」は『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 2』の主題歌として書き下ろされた楽曲。

MVは舞台の総合演出を手掛ける本広克行氏が総監督を担当。ほぼ全編においてプロジェクションマッピングが使用され、時雨メンバーがホログラムで登場するなど、舞台を彷彿とさせる内容となっている。

公開に先駆けて、本広克行総監督、本広氏とタッグを組み監督を手掛けた山口淳太氏、TKよりコメントが届いている。



<本広克行氏コメント>
凛として時雨と「PSYCHO-PASS サイコパス」の世界観はとても相性が良く
MVの依頼があって一瞬でイメージしたのが、
劇中使用した誰もいないセットでメンバーが演奏していて、
そこには居るようで存在しない虚像をホログラムとして登場する映像でした。
撮影の時に上演中だった舞台「Virtue and Vice 2」セットと
楽曲「Perfake Perfect」の両方が抜群のタイミングで合わさった
MVになっています。

凛として時雨と本広克行監督

<山口淳太氏コメント>
映像作品において “音”は、すごく大事な要素です。
その音が、素晴らしい“音楽”になったとき、“画”を見劣りしないものに
仕上げるのは非常に難しく、MVの奥深さだと思います。
「Perfake Perfect」のMVは、CGを最小限にして、
舞台セットとマッピングを実際に撮影し、演奏シーンと合わせることで、
実像と虚像の境がわからなくなる作品を目指しました。
見終わったとき、貴方の色相は濁ってしまうかもしれません。


<TKコメント>
アニメで描かれていた世界は「舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice 2」で現実の舞台として表現され、それを更に音楽と融合させてミュージックビデオを作ると言う試みでした。実現予定だったことが日に日に少なくなっていく中で何かを断たれた時に何を生み出せるか、という思考が覚醒する瞬間をお二人は楽しんでいる様にも見えました。おもちゃ箱の様な本広監督の脳内を山口監督が具現化するすべての時間がクリエイティブでワクワクしました。
人生初のカメラを使ったオンラインミーティングをしたのですが、僕の色相が濁っているからなのか、最後まで僕の画面だけが真っ暗でした。完璧な偽物は僕なのかもしれません。



凛として時雨「Perfake Perfect」MV