滝沢秀明は有岡大貴の笑顔に呪われている!? 「この笑顔にだまされちゃうんです」とニヤリ

滝沢秀明は有岡大貴の笑顔に呪われている!? 「この笑顔にだまされちゃうんです」とニヤリ

映画「こどもつかい」公開直前大ヒット祈願イベントが開催

6月17日(土)公開の映画「こどもつかい」の公開直前大ヒット祈願イベントが6月5日に東京・神田明神で行われ、主演の滝沢秀明をはじめ、有岡大貴、門脇麦、清水崇監督が登場した。

無邪気で狂気性を帯びた“こどもの霊”として子供が登場し、滝沢演じる“こどもつかい”とともに悪い大人たちを呪い、次々と恐怖のどん底に突き落としていくホラーエンターテインメント。「呪怨」シリーズをはじめ、数々のヒット作を手掛けた清水監督がおくる完全オリジナルストーリーとなっている。

“勝負事”に縁がある神田明神での祈祷を前に滝沢は、「僕自身ホラー映画が初めてで、まさに勝負の作品となりました。非常に手応えも感じておりますし、お客さまの反応を早く見たいなと、公開を楽しみにしています」と笑顔であいさつ。

また、有岡も「公開が直前に迫り、今はいたずらを仕掛けたいたずらっ子になったような気持ちで、見た方の反応が楽しみです。ホラー映画が苦手な方にこそ、見てもらいたい映画だと思っています」と自信を見せた。

撮影を振り返った滝沢は、「廃病院のシーンでは、僕の周りにはいつも子役のみんながいたので、怖さを感じるというよりは、非常に明るい現場でしたね。むしろ、まとめるのが大変でした」と苦笑い。

また、自身が演じる子どもを操り、大人の命を奪う“こどもつかい”については、「特殊メイクでお芝居すること自体も初めてでした。怖いだけではなく、コミカルな部分も持っていて、つかみどころのない役。ホラー映画として初めてのキャラクターじゃないかなと思います」と説明した。

6月6日(火)が“恐怖の日”ということにちなみ、怖いことを聞かれると、「有岡の笑顔ですかね」と滝沢はニヤリ。大焦りの有岡が、「どういうことですか!?」と尋ねると、「怖いんですよね、何考えてるか分からない」とキッパリ即答。

有岡は「笑顔が売りなのに、笑いにくくなるじゃないですか!」と食い下がるも、滝沢は「プロモーションで毎日のように一緒に過ごしていますけど、まだ有岡のことが全て分からなくて。この笑顔にだまされちゃうんです。有岡の呪いかもしれないですね」と不敵に笑った。

すると、有岡は「僕の恐怖は滝沢くんとの距離感。1枚薄い壁をなかなか破ってくれない」と反撃するも、滝沢は「仕事の関係だからね」とバッサリ。そして、「徐々にお近づきになれていたのかなと思っていたんですけどね…」と有岡は滝沢にしてやられた様子だった。

そして、門脇は「もうすぐ夏が来ますが、家のクーラーが壊れているんですね。去年もそうでしたが、夜中に汗だくで3回は起きてしまうんです。だから、ことしもそれが恐ろしいです」と怖いものを告白。そんな門脇に、滝沢は「業者を呼べば、すぐに来ますよ!(笑)」と大爆笑でツッコんでいた。

■ ストーリー

新人記者・駿也(有岡)は、郊外で起こった連続不審死事件を追ううちに奇妙な偶然にたどり着く。小さなこどもが失踪した3日後に、その周りの大人が死んでいるのだ。死んだ大人たちはこどもに恨まれていたという。

街の人々の間に広がる“こどもの呪い”のうわさ。これは、事件なのか? 呪いなのか?

そして、駿也の恋人・尚美(門脇)がふとしたことでこどもに恨まれ、“こどもの呪い”が現実に迫りくる。尚美を守るため呪いの核心に近づこうとする駿也だが、2人の前に現れたのは、謎の男“こどもつかい”(滝沢)。男の笛の音とともに、物影から、廊下の奥から、そして背後から、次々に“こどもの霊”が現れ、襲い掛かる…!

“こどもつかい”とは何者なのか? 果たして2人は、この“呪い” と“恨み”から逃れることができるのか…。

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)