新人介護福祉士役を熱演! 戸塚純貴にインタビュー

新人介護福祉士役を熱演! 戸塚純貴にインタビュー

映画「ケアニン―」で主演を務める戸塚純貴

6月17日(土)より公開される介護の現場をリアルに描いた映画「ケアニン〜あなたでよかった〜」の主演を務める戸塚純貴。「仮面ライダーウィザード」(奈良瞬平役)や、「痛快TVスカッとジャパン」でのカズピコ役、「ゼクシィ」のCMで吉岡里帆の相手役など、お茶の間人気急上昇中の彼にインタビューを敢行!

■ デビューのきっかけは“ジュノンボーイ”

――戸塚さんといえば、バラエティ番組「痛快TVスカッとジャパン」(フジ系)でのダメ彼氏・カズピコ役が印象に強いですが、もともとは“ジュノンボーイ”出身なんですよね。

「そうなんです。(第23回)ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで“理想の恋人賞”を受賞したのがデビューのきっかけ。でも、そもそも芸能界には興味がなかったんです」

――“ジュノン”を受けたのはどうして?

「母親が知らない間に応募していたんです。僕は自動車の整備士になりたくて専門学校に通っていたんですけど、就活に失敗しちゃって。そんなタイミングで“ジュノン”の書類選考通過のお知らせが届いて。芸能界に入れたかった母的には、就職するよりも嬉しかったかもしれません(笑)」

――じゃあいつ頃から本気に?

「“本気”になったのは、そのファイナリストのオーディションからですね。“ジュノン”では地区予選を通過するとブログを上げていくんですが、『ブログ見てます』とか『頑張ってください』とか反応を感じるたびに、こんなに応援してくれている人がいるんだと思ったことで、もっとがんばらなきゃと思うようになりました」

■ 役作りでは実際の介護現場に訪問

――その後は2枚目から3枚目まで、幅の広く演じていらっしゃいますが、本作では“介護福祉士”という役どころ。演じる主人公の“大森圭”はもちろん、作品自体がとてもリアルに感じられました。

「介護士の方たちからは、『ドキュメンタリーを観ているようだ』と言っていただけたんです。実際に現場で働いている方たちに『ちょっと違うね』と感じられてしまうのが一番ダメなことだと思っていたので、それは嬉しかったですね。役者さんの中には、実際に足腰が弱い方もいらして、カメラが回ってないところでも、自然と手を差し伸べる、本当にリアルな撮影現場でした」

――圭はどう作り込んでいったのですか?

「監督にも相談したんですけど、そこまで作り込まなくてもいいと言われたんです。確かに“介護福祉士”としては、これからいろいろ学んでいく新人の役。僕も何も作り込まないで入っていく方が等身大で演じられるのではないかと。素直に周りの影響を受けられるよう、自分の中に余白を作っておくことを意識したんです。ただ、台本は穴が空くほど読み込みました。介護福祉士としてではなく、“圭”という人間を自分のものにするためには、作品のすべてを理解しておかないと成立しないだろうなと思ったんです」

――演じるとなると、かなり難しい作品だったのでは?

「そうですね。この作品のお話を頂いた時に初めて、“介護”について考えることになりました。それでも想像が膨らまなくて、どうしたらいいかとずっと考えていました。事前に本作のモデルになった介護福祉施設に足を運んで、要介護認定をされている方とお話させていただいたんですが…。10秒前に話していたことでも、またすぐに同じ話をするんですね。それを何十回と。僕にはそういう経験がなかったので、それを目の当たりにして本当に衝撃を受けたんです。映画でも描かれていますが、そういう場合は否定してはいけないという気づきもあって。本当に深い作品だなと思います」

■ “おばあちゃんの死”を考えるようになった

――本作を通して、役者として得たものはありますか?

「大先輩の方々との共演は、貴重な経験でした。みなさん、すごく元気で貪欲。打ち上げの際にも『あのシーンはもっとこうできたかもしれない』と、まだまだ高みを目指していらして、ご自身の演技に決して満足されないんですよ。先輩たちがそうなると、じゃあ僕なんてどうしたらいいだって(笑)。いくつになってもストイックに努力し続ける姿って、本当にかっこいいと思いました。僕も現状に甘んじることなく、まだまだがんばっていかないといけないと思わされる現場でしたね」

――作品を通して“介護”をどう捉えるようになりました?

「やっぱりリアルなものとして考えるようになりましたね。僕の年齢だとまだあまり実感がないんですけど、いずれ親も歳をとれば介護が必要になりますし。 “おばあちゃんの死”なんて考えたこともなかったんですけど、考えてみれば、いつかはいなくなってしまうんだよなって…」

――おばあちゃんはおいくつで?

「80歳を越えてますね。地方に住んでいるので年に一回くらいしか会えませんが、帰ると自分が出た作品を見てくれているみたいで『見たよー』って。むちゃむちゃ元気で、けっこうファンキーなんです(笑)。だから、勝手に死なないんだろうなって思っていたというか。この作品をきっかけに、覚悟ではないですけど、そういうのを持っておくべきなんだなと思わされました。僕と同じようにこの作品を観た若い世代の人たちが、そういうことを考えてくれたら嬉しいですね」

――あの「―スカッとジャパン」のカズピコ役のイメージを持っている人からすると、本当に同じ人?って思うくらい違う表情を見せてらっしゃいますよね。

「そう思ってもらえたらありがたいですね。僕自身、表現するうえで制限は絶対にしたくないので、もっといろんな役をやりたいと思っています!」

■ 現場にはクロスバイクで

――そんないろんな“顔”をお持ちですが、戸塚さんのプライベートは、アクティブなほうですが? それともインドア派?

「ここ数年ずっとハマっているのは落語ですね。『ゼクシィ』のCMオーディションでは20分間も落語を披露して、スタッフさんから『長すぎるよ』って怒られちゃいました(笑)。ハマったきっかけは、立川志らくさんが主宰する下町ダニーローズの公演で『サラリーマン落語』を見たこと。好きな落語家さんは、立川志の輔さんと志らくさんです。志らくさんは、立川談志さんの独演会の時に前座をされていたんですけど、ある時、談志さんがなかなか来ない日があって。30分待っても1時間待っても来ない。で、その場をつなぐために談志さんのモノマネ落語をして、結局2時間も会場を沸かせたっていう伝説があるんですよ。天才ですよね」

――割りとインドア派?

「いや、アウトドアな趣味もありますよ。最近だと自転車! ずっとほしいなと思っていたんですが、たまたまタイミングがあってクロスバイクを買ったんです。どこに行くにも自転車に乗って移動していて、この間は、片道3時間かけて八景島まで行ってきました。撮影現場にも自転車で通うようにしています。自転車で現場入りすると、程よく身体が温まっていてウォーミングアップできるんですよ」

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)