【ジョジョ連載】山崎賢人「いつの間にかワクワク感がプレッシャーを飛び越えていました」

【ジョジョ連載】山崎賢人「いつの間にかワクワク感がプレッシャーを飛び越えていました」

「特殊な世界で芝居をする器用さと、どんなシーンでも本気で向き合う闘争心。この二つを得たと思っています」と山崎

山崎賢人主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」がいよいよ8月4日(金)に公開される。シリーズ累計1億部を突破、世界的に人気も高い荒木飛呂彦の人気コミックの実写化だけに注目度も高い本作。

WEBザテレビジョンでは、キャスト、監督のリレーインタビュー連載(全4回)をスタート!!(7/23日、7/28金、7/30日、8/4金にUP)ここでしか読めない制作秘話やキャストの思いがたっぷりと詰まっている。第1回は主人公・東方仗助を演じた山崎賢人にインタビュー。

■ 最初はプレッシャーに次ぐプレッシャーでした

――『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の主人公・東方仗助を演じ切って、得たものはありますか?

「ジョジョのような特殊な世界の中で芝居をする器用さと、どんなシーンでも本気で向き合う闘争心。この二つを得たと思っています」

 撮影に入る前は重圧もあったと思いますが。

「本当にプレッシャーに次ぐプレッシャーでした。やっぱり原作が凄いじゃないですか」

 ――シリーズ累計1億部で世界的な人気も誇る作品ですからね。

「でも、監督の三池(崇史)さんや素晴らしいキャストの方と一緒に作っていけるというワクワク感のほうがプレッシャーを越えて強くなっていったんですよね」

――スペインのシッチェスでクランクインする前に、三池監督と話す機会はありましたか?

「衣裳合わせとかで何度か話しました。印象的だったのは、“仗助には戦時中の少年のような目がほしい”という言葉です。どういう意味なのかは具体的に聞いていません。僕がその言葉で何を感じるかが大事なのかなと思ったんですよね」

 何を感じましたか?

「厳しい環境でも生き抜く強さと寂しさなのかなと」

 仗助の外見は、昔ながらのヤンキーですが。

「それも三池さんは言っていましたね。“外見はただの不良だから”と(笑)」

■ スタンドという未知の表現には楽しさと緊張がありましたね

――初めて仗助の衣裳を着て、髪を整えた時はどう思いましたか?

「“これでイケるな”と思いましたけど、あの髪型を完成させるまでにかなり試行錯誤しました。作り方は企業秘密なんですけどね(笑)。ボリュームのある仗助らしい前髪を見た瞬間に気合いが入りました。アクションシーンで前髪が邪魔になりませんか?と言われますけど、意外と慣れました。最初は下を向いて見上げる時にちょっと前が見づらいなあと思いましたけど、自然に視線をズラして見るようになっていましたね」

――実写化不可能と言われ続けた作品ですが、初めて挑むような芝居もありましたか?

「スタンドをどう表現して、僕らがどう動くかは未知の領域ですよね。スタンドの動きには絵コンテがあって、テストの時にアクション部の方がスタンドの代わりを演じてくれました。僕が相手を殴る動きに合わせて、背後から拳を伸ばすとか。その部分はイメージを掴みやすくて楽しかったです。でも、敵のスタンドと闘うシーンは、いつどこから相手が襲ってきてもいいような緊張感を想像しながら現場に立っていましたね」

■ 三池監督が親指を立てる仕草には、2つの意味を感じていました

――撮影中の三池監督はどんな指示を出してくるんですか?

「特殊な動きは三池さんが実演してくれましたね。“相手はこう動くから、仗助は『ドラーッ!』とこんな感じで反撃して”と。シーンを撮り終えた時、僕に親指を立てる仕草も何度か見ました。それは“いいぞ”という意味もあったと思いますけど、“まだまだ出来る”と僕を突き動かしていたような気もします。三池さんは役者が自由に動きたくなるようなモチベーションをいつも上げようとしてくれる方ですね。だからというか、全ての撮影を終えて“カッコよかった。いい映画になったよ”と三池さんに言ってもらった時には凄く嬉しかったです」

――豪華なキャスト陣にも大きな刺激を受けたんじゃないですか?

「もちろんです。普段はとてもフレンドリーな伊勢谷(友介)さんからは現場で承太郎さんとして受け取るものが本当にたくさんありました。マッケン(新田真剣佑)が虹村億泰を自分のものにして、現場で自由に動いている姿には凄いなあと思いましたね。隆(神木隆之介)はやっぱり芝居が上手いです。時間が巻き戻る時の芝居とか、本当に器用なんですよね。(山田)孝之さんは、本当に僕のことを気にかけてくれて。制作発表の時には“俺で言う『クローズZERO』のような作品になるはずだから、頑張れ”と背中を押してくれたし、現場でも本番まで本気で練習につき合ってくれて嬉しかったです」

■ 予測不能なジョジョの世界がエンドロールまで詰め込まれています

――いよいよ8月4日の公開が迫ってきましたが。

「今は公開されるのをワクワクしながら待っています。日本のCGの凄さを世界中に伝えられる作品になったと思いますからね。僕自身、試写を観終わった時にスタンドという未知のものが映画という世界の中で生きている姿を見て、本当に感動しました。関わった全ての人が本当に原作をリスペクトして、脚本を作り、僕らの芝居を撮影して、スタンドを作り込み、細部までセットにもこだわっています。そういう意味でもジョジョらしい世界が詰め込まれていると思いますね。その上で生身の人間が演じるからこその良さもあるんじゃないかと。ぜひ、最後の最後、エンドロールまで何が起きるか予測出来ないジョジョを楽しんでほしいです」

取材・文=あらいかわこうじ

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)