西野七瀬、膝に薙刀が直撃も「当てるより当てられる方がいい(笑)」

西野七瀬、膝に薙刀が直撃も「当てるより当てられる方がいい(笑)」

映画「あさひなぐ」に出演する西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、富田望生

――女子高生が薙刀に燃える姿を描いた映画「あさひなぐ」が9月22日(金)に公開される。二ツ坂高校薙刀部の1年生役を務めた乃木坂46・西野七瀬、桜井

玲香、松村沙友理が“青春の日々”を振り返る!

西野:最初は薙刀が長いし重いしで…体もだけど頭も疲れたよね

桜井:うん。踏み込みで左右どっちの足を前に出すのか混乱した(笑)

松村:あと、薙刀を相手に当てるの、むっちゃ怖くなかった? 防具以外の場所に当たったらどうしよう?って。なーちゃん(西野)は試合のシーンでやばかったなぁ

西野:相手がスネを打ってきたところをかわす…っていう段取りでかわし損ねちゃった。“スネ当て”はしてたけど、膝にバシッ!って。それでも、自分が当てるよりは当てられる方がよかったよ(笑)

富田望生:やっぱり打つことのほうが怖いですよね。その恐怖心が取れてから、自分らしい薙刀を考えられるようになりました!

――そう語るのは、今回、2年生の文乃役でグループ外から参加した女優の富田望生。旭たちの先輩役でありながら実は最年少の17歳だ。

桜井:その“役らしい薙刀”って大事だったよね。私が演じた八十村将子は、きれいな薙刀を見せるより「相手をたたきたい!」という気持ちが強いかなと思って意識してた

松村:なるほど〜。私が演じた紺野さくらちゃんはマイペースに見える子だから、試合の応援では大きな声を出したよ。さくらちゃんはそういうことを恥ずかしがらないタイプだろうから。実際はめっちゃ恥ずかしかったけどね(笑)。あと、いつもより高い声で演じた!

富田:私も原作の文乃からイメージされる声が自分の声のトーンと全然違ったので監督と話し合いました。薙刀のシーンも含めて、いろいろと時間がかかりましたよね。私だけ18歳未満だったので、夜10時以降に現場にいられなかったのは悔しかったんですよ

桜井:先輩役なのに一番年下!

西野:でもそんな望生ちゃんがいつも笑顔だったから癒やされたよ。最初はなかなか話し掛けられなかったけど、まつ(松村)は早い段階でお気に召していたよね(笑)

桜井:そしてずっと触ってた(笑)

松村:女の子に触るのは大好きだけど、6年間も一緒にいる乃木坂46のメンバーにはウザがられるから自主的にやめてたの。望生ちゃんは、どんだけ触っても怒らない子だったからうれしかった(笑)

富田:こちらこそ、本っ当にかわいい皆さんにたくさんかわいがっていただけてうれしかったです!

桜井:いやいや、ガンガン積極的に来てもらえて助かったよ〜。乃木坂って、やたらと人見知りのメンバーが多いから(笑)。癒やしの望生ちゃん、ありがたかったです

松村:いや、ほんまに!

桜井&西野&松村:先輩、ありがとうございました〜!

――そんな「あさひなぐ」出演の4人に、主人公・旭のようにスイッチが入る瞬間を聞いてみた。

西野:普段は自信がなくて「あまり見られたくない」って感じですけど(笑)、ライブでステージに立った瞬間、自然と気持ちが切り替わります。「目立ちたい! 」「見てほしい! 」って思えるんです。

桜井:私、めっちゃ緊張しぃなんですよ(苦笑)。それを軽減する意味もありますけど、キャプテンとしてもそのイベント全体の流れを何度も確認して、頭の中でシミュレーションを繰り返します。

松村:とにかく“思い込む”!  ライブのときは「私はめっちゃ歌がうまい!  歌がうまい! 」って(笑)。ファッション誌の撮影では「私はミランダ・カーだ! 」という暗示を…気持ちだけでもね(笑)。

富田:薙刀では、試合を終えた人が次に出る仲間の腰をポンっ! とたたくんです。撮影では将子ちゃん(桜井)にやってもらったんですけど、実際に撮影中も身が引き締まる思いがしました。

profile●にしの・ななせ='94年5月25日生まれ、大阪府出身。O型●さくらい・れいか='94年5月16日生まれ、神奈川県出身。A型●まつむら・さゆり='92年8月27日生まれ、大阪府出身。B型●とみた・みう='00年2月25日生まれ、福島県出身。O型。女優としてドラマ、映画で活躍中

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)