「ちはやふる」完結編主題歌もPerfume! 広瀬すず「聴いた瞬間に涙が」

「ちはやふる」完結編主題歌もPerfume! 広瀬すず「聴いた瞬間に涙が」

映画「ちはやふる」完結編の主題歌がPerfumeに決定!

競技かるたを題材にした大ヒット映画の完結編「ちはやふる −結び−」(2018年3月17日公開)の主題歌をテクのポップユニット・Perfumeが担当することが決定! 前作「ちはやふる −上の句・下の句−」(‘16年)に引き続いてのタッグが実現する。

映画「ちはやふる」は末次由紀さんによる人気コミック「ちはやふる」が原作。‘16年に2部作「上の句」「下の句」として実写映画化され、200万人を超える観客動員数を記録。映画初主演の広瀬すずを始め、出演したフレッシュな若手キャストを全国区に押し上げ、大人も感動できる青春映画の金字塔として話題になった。「結び」はそのシリーズ3作目にして完結編。主演の広瀬をはじめ野村周平、新田真剣佑らが再集結。新入生役の佐野勇斗ら新キャストを迎え、前作で高校1年生だった千早(広瀬)たちが3年生となり、最後の全国大会を目指す姿を描く。

続編で再び主題歌を担当することになったPerfumeは、自身も熱狂的な“ちはやファン”だと公言。「ちはやふる −上の句・下の句−」公開後も、今年3月に開催された日本アカデミー賞授賞式で優秀主演女優賞を受賞した広瀬と優秀助演男優賞を受賞した新田 を祝いに会場に駆けつけるなど交流が続き、今回の再タッグとなった。Perfumeが実写の劇映画へ主題歌を提供するのは、前作『ちはやふる −上の句・下の句−』の主題歌「FLASH」以来、2度目。今回は完結編とあって、小泉徳宏監督から「同じ花は2度と咲かないように、2度と戻ってこない“この一瞬”を表現した音楽を作ってほしい」とリクエストがあり、それに応えて主題歌「無限未来」が書き下ろされた。3人とも作品もすでに鑑賞しており、「周防名人の台詞で『一瞬を永遠に留められることができるという事を忘れないで』という言葉がありましたが、私たちも色んな人の心にとめてもらえるような一瞬を描きたいと思いながら歌っているので、ジーンと来ました」(あ〜ちゃん)、「最高でした!とても感動したし、また千早ちゃんたちに会えた喜びが大きかったです。新が千早に想いを伝えるシーンを観ることができて、ドキッとしました」(のっち)、「完結編で“卒業”がテーマだけど、ただただ悲しいのではなくて、希望に溢れている感じが伝わって 来て、観ていて心地よかったです」(かしゆか)など3人ともファンとしても作品を心から楽しんだよう。再タッグについては、「次回作をいちファンとして楽しみにしていたので『次回も主題歌を』と言っていただいた時には、大好きな作品なので、本当に嬉しかったです」(あ〜ちゃん)と喜びのコメント。「見えない未来だけどその未来がキラキラしていて、そこに行きたい気持ちや不安など千早ちゃんたちの世代のみんなが持つ気持ちが、この曲に詰まっている気がします」(のっち)と、曲の仕上がりにも自信をのぞかせた。

一方、主題歌「無限未来」を聴いた主演・広瀬すずは「映画をみた後にエンディングで私も初めて聞いて、なんて、素敵なんだろうと、思いました。聞いた瞬間に一気に涙が出てきて、『ちはやふる』の色や繊細さが主題歌から感じられて、感無量でした。まさに、最終章というしっとりした音たちに急に心が寂しくなって、でも光ってる何か一本の糸のようなもので繋がっていて、切っても切っても切れる事はないだろうなという太さというか。大好きな一曲になりました」と感激しきり。

この主題歌「無限未来」は予告編・特報2で聴くことができる。相思相愛の主演女優と主題歌担当アーティストの強力タッグでさらにパワーアップした「ちはやふる −結び−」の公開が待たれる。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)