J・ローレンスも「ゾッとした」女スパイ訓練所の実態?「服を脱げ」という過激な指令も

J・ローレンスも「ゾッとした」女スパイ訓練所の実態?「服を脱げ」という過激な指令も

「レッド・スパロー」が3月30日(金)に日本公開を迎える

フランシス・ローレンス監督が、ジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ映画「レッド・スパロー」が3月30日(金)より日本公開を迎える。

原作は、元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説で「とてつもなく素晴らしい。ペースの速いスリラー、秘密主義世界の迫力ある描写が注目に値する」(New York Post)など、喝采を浴びている。

リアルなスパイ活動の実態やテクニックが話題の本作で、実在するという“女スパイ訓練所”の実態が描かれた特別映像が到着!

主人公・ドミニカを演じるジェニファー・ローレンスも、信じられないスパイの世界には、恐怖のあまり「ゾッとした」と明かしている。

ローレンスが演じた主人公のドミニカは、舞台での大ケガによってバレリーナとしての将来を失い、病気の母親の治療費を工面するため、自分の意思に反してロシアの女スパイとなることを余儀なくされた。

しかし、女スパイ訓練所では、そんな彼女のつらい境遇など関係なく、「大義のために犠牲はつきもの」「自分の限界を取り払うの」と言い放つ冷酷な女監督官の指導の下、“ターゲットの欲望を見抜き”、“自らの全てを使いターゲットを堕とし”、“心を捨て国家のために道具となる”という女スパイの極意をたたき込まれる。

さらに映像では、多くの人の前で“服を脱げ”という女監督官からの過激な指令も。

女スパイの真価が問われるその衝撃の訓練内容には、劇中のドミニカ同様、映像を見る側も思わずあぜんとなってしまいそうだ。

ドミニカを熱演したローレンスは「彼女の体は、若い時から政府によって利用されていた。バレエ団に属して政府から給料をもらい、けがをした後は無理やりスパローにさせられるの。そして、訓練所のシーンの脚本を初めて読んだ時、私は怖くてゾッとしたわ」とも明かしており、訓練所では数々の壮絶なシーンが繰り広げられることを予感させている。

本作の原作者であるマシューズは、33年間にわたりCIA作戦本部に勤務し、いくつもの国で国家安全保障に関わる工作活動をした人物。

そんな彼は「ソ連では、若い女性に人をわなにかける方法や誘惑方法を教え、ターゲットとなる捜査官をゆすっていた」と明かしており、本作で描かれる女スパイの工作活動が真実の世界であると話している。

そして、ローレンスは「原作者のジェイソン・マシューズは人生の大半をロシアの諜報活動に費やしていたから、本作のリアリティーは本物よ。それが他の作品とは違うこの映画の最も独創的なところだと思うわ」と、クオリティーに太鼓判を押した。

このリアリティーこそこれまでのスパイ映画とは一線を画す魅力なのだと説明している。

この二人の言葉を裏付けるように、映像では複雑そうな鍵を開け、ブラックライトで目に見えない証拠をあぶり出すなど、“スパイらしい”訓練から、ローレンスが男性をセクシーに誘惑する“ハニートラップ”の様子に至るまで、工作活動のリアルな実態も映し出されている。

アカデミー賞女優ジェニファー・ローレンスが覚悟の演技で挑む、主人公ドミニカ。

彼女はいかにして一流の女スパイに仕立て上げられていくのか、その真相が分かる訓練所の衝撃シーンの数々に注目してほしい。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)