「トドメの接吻」でブレイクの佐野勇斗、朝ドラヒロイン・葵わかなと“夏限定の恋”で映画初主演!

「トドメの接吻」でブレイクの佐野勇斗、朝ドラヒロイン・葵わかなと“夏限定の恋”で映画初主演!

佐野勇斗、葵わかなとW主演を務める「青夏―」で映画初主演!

放送中のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)に出演中の俳優・佐野勇斗が映画「青夏 Ao-Natsu」(8月1日公開)で映画初主演を務めることが決まった。朝ドラ「わろてんか」(NHK総合ほか)でヒロインを務める葵わかなとのW主演で、“夏限定”の甘酸っぱい恋を描く。

映画「青夏―」は、‘13年から’17年にかけて「別冊フレンド」に連載された南波あつこ氏による同名人気コミックが原作。夏休みを大自然の田舎で過ごすことになった女子高生・理緒(葵)と、地元に住むクールで少しぶっきらぼうなイケメン高校生・吟蔵(佐野)との恋を描いた物語だ。理緒を演じる葵わかなは、今期の連続テレビ小説「わろてんか」でヒロイン・てんを熱演中。日本中に笑いを届けたいと寄席の経営に人生をかけるてんをはつらつと演じ、お茶の間の人気者となった。

まっすぐな理緒はクールだが実は優しい吟蔵にたちまち恋をするが、あっさりフラれてしまう。しかし実は吟蔵も理緒に惹かれ始めており、夏が終われば東京に戻る理緒を想って自分の気持ちを必死で抑えていたのだった。そのことが分かり、理緒と吟蔵の思いは高まっていく――というストーリー。甘酸っぱい恋の予感が漂う2人の制服姿のビジュアルも公開された。

葵と佐野のほか、雑誌「ViVi」専属モデルの古畑星夏、「宇宙戦隊キュウレンジャー」(‘17年)で主演を務めた岐洲匠、ミュージカル「テニスの王子様」第2シーズンで活躍した水石亜飛夢ら、フレッシュなキャストが脇を固める。

■ M!LKでは3/14に新曲リリース

そんな本作で初主演を務める佐野は、‘16年のドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」(TBS系)に主人公の息子役で出演し、そのルックスと演技力で大きな注目を集めた。翌年には、「ブログ・オブ・ザ・イヤー」優秀賞を獲得。現在放送中の「トドメの接吻」では、主人公・旺太郎(山崎賢人)の恋敵でお金持ちの御曹司・長谷部寛之を演じる。キュートなルックスとコミカルなキャラクターがにじむ演技で、素直でちょっと不器用な青年・寛之を熱演し注目を集めている。さらに佐野は5人組ユニット・M!LKのメンバーとしても活動しており、最新シングル「ボクラなりレボリューション」が3月14日にリリース予定と、今最も注目の俳優でありエンターティナーなのだ。

さらに、今年は出演映画がめじろ押し。公開中の「ちはやふる-結び-」では主人公・千早(広瀬すず)たちの所属する瑞沢高校かるた部の超強気な新入生・筑波秋博役。さらに、「羊と鋼の森」(6月8日公開)では山崎賢人演じる主人公の天真らんまんな弟、「3D彼女 リアルガール」(今秋公開)では中条あやみ演じるヒロインに告白されるオタク男子、そして「走れ!T校バスケット部」(今秋公開)ではバスケット部のキャプテン役。「青夏―」を含めると、実に5本の出演作品がことし公開されるというブレイクぶりを見せている。

■ 佐野「皆さんを『キュン』とさせる夏に」

吟蔵を演じるにあたり、佐野は「とにかく、吟蔵がかっこいい! 僕がそんなかっこいい役を頂けて、恐れ多い気持ちでいっぱいですが、任せて頂いたからには全力で演じたいと思います! 葵さんとは2度目の共演となるのですが、当時からすごく仲良くさせて頂いているのでとても心強いです。 撮影は自然豊かなところで行われるということで、美味しい空気をたくさん吸って、吟蔵として青夏の世界に入り込めるように挑んでいきたいと思います。 観てくださるみなさんを、今までで1番『キュン』とさせる夏にしてみせます!」と力強く宣言する。

映画「今日、恋をはじめます」(‘12年)、「クローバー」(’14年)などで知られる古澤健監督がメガホンを取るが、その古澤氏も佐野を「吟蔵役の佐野勇斗さんはひとの意見を柔軟に受け入れながら、自分なりの解釈をうまく出せる俳優だと思います。ひとへの細やかな気遣いを見せながら、ちょっとした瞬間にクールなかっこよさを見せるところなんか、吟蔵そのままかもしれません」と高く評価する。

佐野は今月23日、20歳の誕生日を迎える。飛躍の1年となるか、今後の活躍に期待が高まる。

※山崎賢人の崎は正しくは「立さき」(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)