高杉真宙、“キミスイ”で初の声優挑戦!「入ったことのない世界にやっと踏み出した感じ」

高杉真宙、“キミスイ”で初の声優挑戦!「入ったことのない世界にやっと踏み出した感じ」

高杉真宙が初めて声優に挑む

小説家・住野よるのデビュー小説にして、昨年実写映画も大ヒットを記録した話題作「君の膵臓をたべたい」が、アニメーション映画化されることが分かった。9月1日(土)に全国公開される。

そして主人公・僕の声は、近年映画やドラマに引っ張りだこの若手俳優・高杉真宙が務める。高杉はこれが初めての声優挑戦となる。

本作は、2015年6月の刊行直後から大反響を呼び、現在では累計書籍発行部数が260万部を突破。衝撃的なタイトルからは予測できない僕と桜良のはかない物語が好評を博した。

主演「僕」役に決まった高杉は、昨年は映画「PとJK」「散歩する侵略者」「トリガール!」などで注目を集め、2018年に発表された「第72回毎日映画コンクール」で新人賞を受賞。

その勢いはとどまることを知らず、3月に公開された主演作「プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」の他にも、「世界でいちばん長い写真」「虹色デイズ」や「ギャングース」など3本の主演作が公開を控えている。

そして4月スタートの連続ドラマ「モンテ・クリスト伯〜華麗なる復讐〜」(フジテレビ系)の出演が決まるなど、さらなる飛躍が期待される若手俳優だ。

本作の主演声優に決まり、高杉は「まずは驚き、その後うれしさや緊張などがこみ上げてきました」と喜び以外にもさまざまな感情があったようで、初声優ということに関しては「今回初めて声のお仕事をやらせていただきますが、自分が本当にやりたかったお仕事の1つなので、とてもうれしく思っています」と、自身もチャレンジしたかったジャンルであることを明かした。

さらに「声だけで演じるというのは、実写の映画やドラマでのお芝居とは全然違うものだと思いますので、自分のキャラクターをしっかりと理解して、しっかりと自分らしく表現できたらいいなと思っています」と、自身の新たな挑戦への意気込みを語った。

また、ヒロイン・製作陣も同時に解禁された。ヒロイン・山内桜良役に、テレビアニメや吹き替えで活躍する期待の若手声優・Lynnが担当。監督は牛嶋新一郎、アニメーション制作はスタジオヴォルンが担当する。

新進気鋭のキャスト・スタッフ陣が集結し、アニメーション独自の映像美により作品の世界観が表現されそうだ。

今回の起用に、製作プロデューサーは「一見すると人が苦手で暗そうな少年ですが、その実、自分の考えや価値観をしっかり持ち、常に何かと戦っているような少年です。そうしたキャラクター性の表現に求めていた声の艶や質感と共に、作中での『僕』の成長を描くのに“上手さと未完成さを兼ね備えた”声の芝居が必要でした」と力説。

続けて「偶然、高杉真宙さんがナレーションをされているあるWEB動画を見たとき、"『僕』"の声を見つけた。そう確信しました」と運命の出会いであったと強調した。

また、声優情報と併せて高杉の声が入った予告編も解禁された。

アニメーションならではの美しい映像世界の中で描かれる、“キミスイ”の世界は、どんな景色を見せてくれるのか?

あらためて作品の印象を、高杉は「台本を読んでから小説を読ませていただいたのですが、桜良のせりふで、自分の中にずっしりとくるものが結構あって、ずっと桜良だけが色がついているという感覚でした。

それは『僕』という役として読んでいるからということもあると思うのですが、いろいろと考えさせられることが多いです」明かした。

そして「テストアフレコをする前までは分からないことも多かったのですが、いろいろ教えていただいて、自分の入ったことのない世界にやっと踏み出した感じがしています。

実感も湧いてきましたし、もっとしっかりとこのキャラクターのことを理解して演じていきたいなというのもあって、あらためてもっと台本を読み込もうと思いました」と前を向いた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)