タイムリープの次は“神隠し”! 又吉直樹の初長編作品を佐野勇斗&本郷奏多で映画化

タイムリープの次は“神隠し”! 又吉直樹の初長編作品を佐野勇斗&本郷奏多で映画化

又吉原作の舞台作品「凛」を佐野勇斗&本郷奏多主演で映画化! ※このビジュアルは仮のものです

芥川賞作家としても活躍するお笑いコンビ・ピースの又吉直樹が2007年に書き下ろした初めての長編舞台作品「凛」の映画化が決定。ドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)でも注目を集めた佐野勇斗とドラマ「ラブホの上野さん」シリーズ(フジテレビほか)で異彩を放つ本郷奏多がW主演を務める。映画「凛」は2018年内の全国公開に先立ち、4月19日〜22日に沖縄県内各所で開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映される。

「凛」は、2007年12月に東京・神保町花月で上演された舞台作品。神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台に、ひとり、またひとりと仲間が消えていく謎を描いた青春群像サスペンスだ。又吉は2015年に小説「火花」を発表、同年153回芥川賞を受賞し2017年に映画化されたが、その「火花」の8年前に書かれた作品が又吉にとって2作目の映画化となる。

主演を務める2人はともに、多くの作品に出演する注目俳優。佐野勇斗は今月最終回を迎えたドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)で主人公・旺太郎(山崎賢人)の恋のライバルとなる御曹司・長谷部寛之を演じ注目を集めたばかり。現在公開中の映画「ちはやふる −結び−」のほか、映画「羊と鋼の森」(6月8日公開)、「青夏 Ao-Natsu」(8月1日公開)、「3D彼女 リアルガール」(9月14日公開)、「走れ!T校バスケット部」(今秋公開)と4作が待機するという人気ぶりだ。

一方の本郷は、1月クールのドラマ「リピート〜運命を変える10か月〜」(日本テレビ系)でメーンキャストを演じたほか、5月からは主演ドラマの続編「アカギ〜鷲巣麻雀完結編〜」(BSスカパー!)がスタートする。また、映画「いぬやしき」(4月20日公開)も控える。

奇しくも今冬ドラマでそれぞれ“タイムリープもの”に出演した二人が今回挑むのは、“神隠し”をテーマにした青春群像サスペンス。

舞台は、「100年に一度、村から子どもが消える」という伝説がささやかれる小さな村。高校2年の耕太(佐野)は、東京から来た季節外れの転校生・天童と仲良くなる。そんなある日、二人の周囲で友人が行方不明に。やがて、仲間がひとり、またひとりと消えていき、天童に疑いの目が向けられるようになる。耕太は戸惑いながらも天童を信じるが――というストーリー。

佐野と本郷は今回初共演。青春まっただ中に起きた“仲間が消える”という出来事に、二人はどう向き合っていくのか。天童の抱える闇や、消えていく仲間の秘密。そして真犯人は誰なのか。注目の俳優2人が紡ぎ出すサスペンスに期待が高まる。

■ 佐野勇?「台本、とてつもなく面白かった!」

今回、映画「凜」で野?耕太役を演じさせていただく事になりました佐野勇?です。この作品は、芥川賞作家・?吉直樹さんが原作を務められているということですごく楽しみにしていたのですが、台本を読ませていただいて、とてつもなく??かったです!まだまだ未熟な僕ですが、事務所の先輩である本郷奏多さんをはじめとする素晴らしいキャストの皆様からたくさんのことを学ばせていただきながら、作品にいい味付けができるよう精?杯演じたいと思います。耕太が、観ていただいた?にとって?番近くに感じていただける登場?物になれるように頑張ります。

公開までお楽しみにしていてください!

■ 本郷奏多「謎が多くひき込まれる役」

この度、映画「凛」で天童役を演じさせていただく事になりました本郷奏多です。?吉さんの原作で読んでみたらすごくひき込まれる内容で??い作品でした。作品に出演することができて?常に嬉しいです。天童は、謎が多くひき込まれる役かと思いますので、楽しみにしていてください。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)