会場を沸かせた綾野剛!舞台あいさつがパンク過ぎる!?

会場を沸かせた綾野剛!舞台あいさつがパンク過ぎる!?

6月30日(土)から公開される映画「パンク侍、 斬られて候」の舞台あいさつに出席した綾野剛ら

町田康の傑作小説を綾野剛主演、宮藤官九郎脚本、石井岳龍による演出で実写映画化した映画「パンク侍、 斬られて候」が6月30日(土)に全国で公開される。

共演には、北川景子、東出昌大、染谷将太、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、浅野忠信、永瀬正敏、國村隼、豊川悦司という超豪華キャストが集結。かつて見たことのない超娯楽映画が誕生する!

そんな同作の完成披露舞台あいさつが6月11日都内で行われ、主演の綾野、北川、東出、染谷、浅野、若葉、近藤、國村、豊川、さらに脚本を務めた宮藤と監督の石井らが出席した。

主人公の掛十之進を演じた綾野は、「町田さんの原作に、宮藤さんの脚本、そして監督が石井監督ですから、本作は間違いなく劇薬です! この舞台にいらっしゃる一人一人の役者さんがパンク精神を注入した作品で、言葉で説明するにはどうにもこうにも宣伝不可能な作品なんです!」とパンク過ぎるあいさつで会場を沸かせた。

また、北川景子は「パンクでロックな男性陣が多い中、思いっ切り暴れさせてもらいました!」とコメントし、石井監督は「この場に皆さんと一緒に立つことが できてとても光栄です。やっと監督としての責任を果たせたのかなという感じです」と思いを語った。

またタイトルにちなんで、登壇者たちに事前アンケートを行い“キャスト・スタッフの中で一番パンクだと思う人”を発表。すると11人中7人が石井監督を選ぶという驚きの結果に。東出は「監督はスマートでダンディーなのに、ぶっ飛んでたんです」と言い、染谷は「とても腰が低いのですが、誰よりもヤバい感じです。ていねいでヤバいから本当にヤバいんだと思います」と明かした。

一方、パンクな人物として浅野を挙げた宮藤は、「浅野さんの役は、本当はせりふがないはずなのに、バリバリしゃべるんです! もうおかしくて」と浅野の破天荒過ぎるエピソードを暴露。すると綾野が「本番中に俺の顔を見て、『あー剛君!』ってしゃべったんです!」と漏らす。すると、浅野は「自分の中で、監督に言われたことを真剣に考えた結果なんですよ」と言い返していた。

そんなキャスト、スタッフたちの数々のパンクなエピソードが明かされる中、「人生最大のパンクな出来事はこの映画に参加したこと」という國村は、「このスタッフとキャスト陣で挑むなら、これはパンクにならなきゃいかんと思って挑んだんですが、現場に入ったらお猿さんと遊ばせてもらいました」と意外なエピソードを語った。

豪華キャストはもちろんのこと 、実写化不可能と言われた町田康原作の傑作小説「パンク侍、斬られて候」がどんなふうに描かれるのか必見だ!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)