毎熊克哉、ヒロイン・行平あい佳に舞台上で“指令”「赤のドレスをめくってほしいな…」

毎熊克哉、ヒロイン・行平あい佳に舞台上で“指令”「赤のドレスをめくってほしいな…」

主演の毎熊克哉(中央)が、行平あい佳(左)、百合沙を公開調教した

9月29日に映画「私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください」が公開初日を迎え、主演・毎熊克哉、行平あい佳、百合沙、城定秀夫監督が初日舞台あいさつを行った。

公開を迎え、毎熊は「上映前(あいさつ)ですので作品のことは語れないんですが、いろいろ楽しめることがあると思うのでよろしくお願いいたします」とあいさつし、ヒロインの行平は「皆さんに映画を見ていただける日がきて本当にうれしいです」と封切りを喜んだ。

2018年13本もの映画・ドラマの話題作に出演した毎熊は「役者をやらせてもらっていて、日々、良い監督やいい作品に出会いたいと思いながらやっています。今作でこういう真ん中に立つ主演の役を商業映画という自分にとって初めてやらせていただき、良い監督や良い作品に出会え、両方同時にかなったと思っています。

1箇所が良くてもうまくいかなったりしますが、城定監督に出会えて幸せです」と笑顔を浮かべた。

一方、1月のオーデイションでヒロインの座を勝ち取り、本編撮影や宣伝活動など激動の一年だった行平は「本当にあっという間の1年でした全てが初めてのことが多く、楽しい1年でした。

あっという間に初日が来て、やっと皆さんに見ていただける日がきて、幸せな気持ちです」と感慨深い様子で話した。

また、グラビアアイドルから女優に転身した百合沙は「今までいろんな映画に出せていただきましたが、濡れ場が初めてで、貴重な体験をさせていただきました。いろんな人に応援していただき、支えられてここにいると思います。皆さんの感想が楽しみです」とほほ笑みながら心境を語った。

本作ではこれまで過激な舞台あいさつが度々話題になってきたが、初日舞台あいさつも後半に入りMCから「今回は会場の皆さまの前で何をしてくださいますか?」との質問が。

これに毎熊は「行平さんに今日は赤のドレスをめくってほしいなと…」と明かし、会場がざわつき始める。

MCから「誰かに指示されているんですか?」と聞かれ「僕たちには公式SNSに女王様がいまして、今日の僕たちに出された指令は、初日に集まってくださった大勢のお客様を前に、“調教総仕上げ”をするように、先ほど言われました。

だから今日は(スカートを)めくってほしいなぁと思いまして…。大丈夫?」と明かすと、行平からは「分かりました!」と潔い返事が。

本編でも実際に公園でノーパンの明乃(行平)に同じように命じるシーンがあるということで、毎熊が「皆さんの顔を見て、スカートめくって…ちゃんと見えるように」と劇中シーンさながらの調教指令が飛ぶ。

そして、仁王立ちしスカートを際どいところまで上げる行平の前に座り込み、赤い口紅で月の絵と“M”と描く毎熊。

続けて「せっかくなので(百合沙さんにも)書いて良いですか? 大きい胸元に…」と百合沙へもお願いする毎熊に、「承知しました、ご主人様」とあっさり受け入れ、百合沙の胸元には太陽のイラストと“S”が描かれた。

MCからイラストの意味を確認されると「百合沙さんの谷間から陽(SUN)が登る、そして初日なのでめでたい朝日が出るという意味です。

そして行平さんには、雲隠れから月(MOON)が出るのをイメージしました。二人合わせるとSMです! 直前に考えろと言われて…これって僕に対する調教ですよね(笑)」とうまくまとめ、イベントを締めくくった。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)