佐藤健が“忍び”に! 豪華キャスト×世界的スタッフで「サムライマラソン」公開決定

佐藤健が“忍び”に! 豪華キャスト×世界的スタッフで「サムライマラソン」公開決定

「サムライマラソン」に日本を代表する豪華キャストが集結!

安政遠足(あんせいとおあし)を舞台にした土橋章宏の小説を、アカデミー賞受賞歴を持つ世界的スタッフが集結して映画化した「サムライマラソン」が、佐藤健主演で2019年2月22日(金)に公開決定。特報映像も解禁となった。

時は幕末、迫る外国の脅威に備えて安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるために十五里(約58km)の山道を走る遠足を開催する。

だが、この動きがとある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれる。

ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走りだす。

主演の佐藤が演じるのは、普段は平凡な侍だが実は幕府のスパイとして藩に潜入している忍び・唐沢甚内。遠足参加中、藩に迫る危機をいち早く察知する重要な役どころ。

そして藩主の娘・雪姫を小松菜奈、藩の重役の息子で野心あふれる侍・辻村平九郎を森山未來、侍に憧れる足軽・上杉広之進に染谷将太。

唐沢の上司・植木義邦を青木崇高、隠居を言い渡された老侍・栗田又衛門を竹中直人、安中藩に刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎を豊川悦司、藩士達に遠足を申しつける藩主・板倉を長谷川博己が演じる。

さらに門脇麦、中川大志、小関裕太ら若手実力派俳優に加えて阿部純子、奈緒、福崎那由他など期待の新人俳優も出演している。

企画・プロデュースは「ラストエンペラー」(1988年)でアカデミー賞作品賞ほか9部門で受賞した世界的プロデューサー、ジェレミー・トーマスと「おくりびと」(2008年)でアカデミー賞外国語映画賞を受賞した中沢敏明。

本格時代劇「十三人の刺客」(2010年)を手掛けたコンビだ。

メガホンを取ったのは、ジェレミー・トーマスによって抜てきされた「キャンディマン」(1992年)、「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」(2014年)で知られるバーナード・ローズ監督。

製作陣には、アカデミー受賞歴を持つそうそうたる面々が集結した。

音楽を担当するのは「めぐりあう時間たち」(2003年)などで3度、アカデミー賞作曲賞ノミネートの経験を持つフィリップ・グラス。

衣装デザインは「乱」(1985年)でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミなど、世界の第一線で活躍するスタッフが名を連ねたビッグプロジェクトが誕生した。

また、解禁された特報映像では「行きはマラソン、帰りは戦」というキャッチコピーの通り、それぞれの思いを胸に走る侍の姿や迫力の剣術アクションなどスポーツ、アクション、ドラマの要素が盛り込まれた、全く新しい幕末エンタテインメントの片りんを確認することができる。

■ プロデューサー:ジェレミー・トーマス コメント

「キャンディマン」や「不滅の恋 ベートーヴェン」(1995年)などで知られるバーナード・ローズを監督に迎え、中沢敏明プロデューサーと再びタッグを組み、サムライがマラソンに挑んだという、独創的でインパクトある史実を題材にした物語を映画化しました。

衣装デザインのワダエミ、音楽のフィリップ・グラスなど最高のスタッフと、ファンタスティックなキャストが集結し、強烈な映画体験を創り上げました。

日本はもちろんのこと、世界中の観客に楽しんでもらえる革新的なサムライ映画になりました。

■ 監督:バーナード・ローズ コメント

サイレント映画を撮るように、俳優のフィジカルな身体的表現力と映像の力を最大限に生かした作品作りをしたことで、映像で物語る、映画本来のアプローチによる力強い作品になりました。

今まで多くの俳優と仕事をしてきましたが、佐藤健さんのように、抜群の身体能力と繊細な表現力を兼ね備えた俳優は初めてでした。

また、雪姫を演じた小松菜奈さんは、難しい役でしたが、上品かつ力強い印象的な女性を演じ切ってくれました。

森山未來さん、染谷将太さん、青木崇高さん、竹中直人さん、豊川悦司さん、長谷川博己さんら、出演頂いた俳優は皆、素晴らしいポテンシャルをこの映画の中で発揮して頂き、才能溢れるスタッフに参加して頂けたことも、とても幸運でした。

私にとって心から誇れる映画となり、間もなく皆さまにご覧頂けることを感慨深く思っています。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)