「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」最新作にクウガとWが登場!

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」最新作にクウガとWが登場!

今作で仮面ライダージオウはクウガの力を宿したクウガアーマーに。クウガアーマーには象徴である角も再現されている

映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」が12月22日(土)より公開。この作品で初登場するクウガアーマーやW(ダブル)アーマーのビジュアルが解禁された。

毎年冬の恒例映画として公開されていた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年〜2015年)は、2016年から「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気を不動のものとしてきた。

放送中の「仮面ライダージオウ」(毎週土曜朝9:00-9:30、テレビ朝日系)では、主人公の常磐ソウゴ(奥野壮)が変身アイテム「ライドウォッチ」を使って、仮面ライダージオウに変身。ライドウォッチに宿った歴代の平成仮面ライダーの力で戦うジオウの物語が描かれている。

今回の劇場版で、ジオウはクウガやW(ダブル)の力を宿したクウガアーマーやW(ダブル)アーマーとして活躍することが明らかになり、そのビジュアルが解禁された。

クウガアーマーは、元々のクウガが持つシンプルさを尊重。仮面ライダークウガ マイティフォームの赤色を基調に、クウガを彷彿とさせる特徴的な角も再現されたデザインとなっている。

一方、W(ダブル)アーマーは、仮面ライダーW サイクロンジョーカーの緑色や黒色を基調にしつつ、変身アイテムであるガイアメモリが両肩についているというデザイン。

果たして、ソウゴはどのようにして、クウガライドウォッチやW(ダブル)ライドウォッチを手にするのか。そして、強敵であるスーパータイムジャッカー・ティードを倒すことはできるのか。

公開まで1カ月を切り、その内容が少しずつ明らかとなる映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」だが、この先もどんな情報が明らかになるのか、期待がかかる。

■ ストーリー

ソウゴ(奥野壮)と戦兎(犬飼貴丈)の仲間たちが次々と記憶を失っていくという異変が生じる。

そこへ2人の前にスーパータイムジャッカー・ティード(大東駿介)が出現。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、1人の少年・シンゴを追っていた。

ソウゴはシンゴを守って戦う中、仮面ライダー好きの青年アタルに出会った。一方、ティードに単身で戦いを挑んだ戦兎は、洗脳されて操られてしまう。

そんな中、アタルが「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」と告白。謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた彼の言葉の真意は…?

謎が深まって行く中、ティードは初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にいた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)