小芝風花「自分の声なのに顔が別人という経験は初めて(笑)」初の声優挑戦は試行錯誤の連続

小芝風花「自分の声なのに顔が別人という経験は初めて(笑)」初の声優挑戦は試行錯誤の連続

小芝風花が「くるみ割り人形と秘密の王国」で声優初挑戦!

「美女と野獣」(2017年)に続き、超一流のスタッフ&キャストが集結したディズニーの実写版「くるみ割り人形と秘密の王国」が11月30日(金)に公開。

日本語吹替え版では、女優の小芝風花が、マッケンジー・フォイ扮(ふん)するヒロイン・クララの声を担当している。小芝にとっては本作が声優初挑戦! 

慣れない声の演技に悪戦苦闘したエピソードや知られざる“秘密”について語ってくれた。 

――ディズニー作品で、声優に初挑戦!

もともとディズニーの作品が好きで、以前実写化された「美女と野獣」も見に行きました。今回の「くるみ割り人形―」は、ディズニー好きの人たちがものすごく期待している作品。

緊張もありましたし「私で大丈夫かなぁ」という不安がありましたけど、初めての声優挑戦が大好きなディズニー映画だったのですごくうれしいです。

――いつかは、声優に挑戦したいという思いが?

声優は、ずっとやりたいと思っていたお仕事です。でも、まさか初めての作品がディズニーの実写映画になるとは、自分の中で想定していませんでした(笑)。

お話を頂いた時はすごくびっくりしましたけど、やるからには精いっぱい頑張りたいという思いでアフレコに臨みました。

――今回演じたクララは、どんな女の子?

14歳のクララは、母親を亡くしてふさぎ込んでいるんです。父親に対して何かわだかまりがあって、おしゃれや人付き合いが苦手。機械いじりが大好きな、ちょっと変わった女の子という印象です。

――そんなクララは、クリスマス・イヴの夜に誰も知らない秘密の王国に迷い込んだことで不思議な冒険をすることに。

いろんな人と出会って、裏切られたり、事件が起きたり。自信をなくしかけた時に母親が自分に伝えたかったメッセージに気付きます。

それは「大切なものは自分の中にある」という言葉。これは、家族とうまくいっていなかったり、将来に対して不安を持っている10代や20代の方たちの背中をポンと押してくれるような言葉なんじゃないかなと思っています。

■ 違和感しかなかった

――実際に、映像を見ながら声を吹き込んだ感想は?

実際にマッケンジーさんの顔に私の声が入っている映像を見た時は、違和感しかなかったです。自分の声なのに、顔が別人という経験は初めてだったので(笑)。私の声がクララというキャラクターに合っているのかどうか不安な気持ちになりました。

でも、演出家の方やスタッフの皆さんから「すごく合っている」と言っていただいたので少しホッとしましたけど、声だけの演技は難しかったです。

――声の出し方で心掛けた点は?

全編通してクララを演じるので、一番自分の出しやすい声を出すことを心掛けました。叫んだり、ちょっとふさぎ込んでいる感じだったりと、いろんな場面が登場しますけど、その時のクララの感情を意識することが大切だなと。

最初の頃はガチガチだったので、声が上ずってしまったりして、後で聞いてみると緊張していることが分かるんです。その部分は、改めて撮り直しました。

――収録は一人?

そうなんです。一人で映像を見ながらセリフを言っていたので、距離感や声の大きさの調整が難しかったです。

まだ、他のキャラクターの声が入っていない状態での収録が多かったこともあって、相手の立ち位置などを想像しながらどれぐらいのボリュームがちょうどいいのか考えながら演じました。その感覚をつかむのは、とても難しかったです。

――アフレコをしながら、一つひとつ学んでいった感じ?

もう、1シーン、1シーンが勉強でした。今回は「自分だったら、こう演じるだろうなぁ」っていうお芝居は要らないんです。

あくまでも、マッケンジーさんの演技に合わせて声を当てることが大事。なるべく、彼女のお芝居を私の声で表現できるよう、セリフはもちろんですけど、息遣いも1つ1つ丁寧に演じました。

クララは勇敢に戦うシーンが結構あったので、ト書きに「唸り」と書かれていることが多くて。それをどうやって表現すればいいのか試行錯誤しながら演じていた時間は楽しかったです。

■ 今度はアニメに挑戦したい

――今回、実写映画の吹き替えに挑戦してみて、声優としての手応えは?

マッケンジーさんのクララにどこまで近づけることができたのかは、正直分かりません。でも、私のことを知ってくださっている方に、小芝風花ではなくてクララの声として聞こえていたらすごくうれしいですし、違和感なく一体化していたらいいなと思っています。

――また、声優に挑戦したい?

今回は実写映画ということで、自分とは違う人のお芝居に合わせて声を当てるという作業の難しさを学びました。勉強したことを生かして、次回はアニメに挑戦したいです。

セリフは少なくていいので、一つの作品の中で声を変えながら2、3役やってみたい!

――劇中では“雪の国”“花の国”“お菓子の国”“第4の国”と、4つの国が出てきますけど、この中で行ってみたい国は?

この4つだったら間違いなく“お菓子の国”です。

――やっぱり(笑)。

そうですね(笑)。“雪の国”や“花の国”は遊びに行きたい国。住みたいのは “お菓子の国”です!

――もし、自分で勝手に「国」を作れたら?

“お肉の国”(笑)。しゃぶしゃぶの町や焼き肉の町とか、いろんな町を作りたいです。ケバブなど、海外の肉料理も取り入れたいですね。

そして、この国で食べるお肉は全部カロリーゼロ! いくら食べても絶対に太らないという条例を作ります(笑)。

――タイトルにちなんで、誰も知らない“秘密”はありますか? あ、もちろん、言える範囲で構いません(笑)。

言える範囲って秘密なんですかね(笑)。私、ダイエットをしているんですけど、これが全然つらくなくて。時間をかけてゆっくり体重を落とすことができています。基本的には1日2食。時間に縛られず、食べたい時に食べています。

デザートも普通に食べていますよ(笑)。特に運動をしているわけではないんですけど、この方法が私には合っているみたいです。大した秘密じゃなくてすみません。

他に、何かあるかなぁ…。あ、妹の靴を勝手に使いました(笑)。学校に行っている間にスニーカーをちょっとだけ。妹は全く気付いていません。

――この記事でバレちゃいますね(笑)。

確かに(笑)。いつもは、ちゃんと確認してから借りてるんですけど、その時はちょっと面倒くさくて。こっそり履いて出掛けました。

――少し早いですが、2018年はどんな1年でした?

新しいことに挑戦できた1年でした。声優もそうですし、役柄も今までは真面目な役が多かったんですけど「女子的生活」(NHK総合)でブラックな感じの女の子、そして2019年1月から始まる連ドラ「トクサツガガガ」(NHK総合)はコメディー要素が強い作品。

NHKでは「そろばん侍 風の市兵衛」で時代劇にも出演したので、すごく楽しくて充実した年になりました。2019年もいろんなお仕事ができたらいいなと思っています!

――プライベートで何か計画していることは?

今、少しずつ貯金しているんですけど、それとは別にお金を貯めたいんです。

――何か目的が?

家族で韓国旅行に行きたいと思っていて、その時のお買い物代(笑)。コスメや洋服などをたくさん買いたいんです。

実は今、物欲が大爆発中なんですけど(笑)、少し我慢して旅行用に回したいなと考えています。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)