山本美月×宮野真守対談「プリキュアに出演した“想い出”は奪われたくない」

宮野真守と山本美月が「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア」でゲスト声優

記事まとめ

  • 「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」が公開中
  • 宮野真守はプリキュアの敵・ミデン役、山本美月はレポーター役でゲスト声優として出演
  • 「プリキュア」シリーズの魅力や2018年を振り返りなどを宮野と山本が語った

山本美月×宮野真守対談「プリキュアに出演した“想い出”は奪われたくない」

山本美月×宮野真守対談「プリキュアに出演した“想い出”は奪われたくない」

山本美月、宮野真守の対談インタビュー!

初代の「ふたりはプリキュア」が参戦した、シリーズ15周年記念作品「映画HUGっと!プリキュア?ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」が絶賛公開中!

宮野真守は「想い出」を奪うと口癖や技をコピーする特殊能力を持ったプリキュアの敵・ミデン役、山本美月は食レポやプリキュアのバトル実況までするレポーター役で、それぞれゲスト声優として出演している。

二人の対談では、作品の見どころはもちろんのこと、子供だけではなく大人も楽しめる「プリキュア」シリーズの魅力や自身の大切な想い出、お二人が2018年を振り返り“挑戦”をキーワードに熱い想いなどを語ってもらった。

――宮野さんが声を担当したミデンは、かなり強烈なキャラですね。

宮野:台本をいただく前に、ミデンというキャラクターがどういう存在で、どうプリキュアに相対するのか。彼の生き様を含めて聞いていたので、それなら僕にもできるかなと。

ただ、かわいいだけのキャラクターだったら、どんなふうに演じていいのか考えてしまいますから(笑)。

劇中ではミデンの心情もピックアップされていて、泣ける展開になっているんです。演じていてもグッと来るものがありました。

山本:子供向けのアニメのはずなのに、割と大人向けの内容になっているなと思いました。意外と、物語の尺も長いですよね?

宮野:そうだね。しっかりと見せる映画になっています。

山本:あまり詳しくは言えないんですけど、ちょっとアナログな感じも大人心をくすぐるかもしれません。

宮本:そうそう、デジタルじゃないというところも哀愁があります。

――山本さんは、レポーター役に挑戦! 冒頭から悲鳴を上げていましたが…。

山本:ホラー映画をやっていて良かったなって思いました(笑)。

宮野:(笑)。

山本:今回のために、今まで練習していたのかなって思うぐらい経験が生かされました。

――声だけのお芝居はいかがでしたか?

山本:ほとんど自分だと思って演じていました。キャラクターのお顔も私に寄せてくださっていましたし、声で演じ分けるという経験がほとんどなかったので…。

そのままの私でやった方がいいのかなと思いました。ただ、アニメということもあって、普段のお芝居よりはテンションが高い方がいいのかなと。声だけでいろんな感情を伝えるので、少しオーバーに表現することを心掛けました。

■ 宮野「思った以上に怖い」

――ミデンは前半と後半でかなり印象が変わりますが、プリキュアを応援している子供たちにとっては、憎らしい存在ですよね?

宮野:本当にそう思います(笑)。完成したものを見たら、思った以上に怖くて。

もちろん、自分もプリキュアにとって脅威になるように演じていたんですけど、子供たちにどう映るのかちょっと心配(笑)。

でも、ミデンというキャラクターがどういう存在なのか。最後まで見ると、なぜあんなことをしていたのかが分かってくるので、僕自身はミデンの想いを爆発させることが大切だなと意識しながらアフレコに臨んでいました。

――ミデンが抱えている想いなどが分かるクライマックスは、胸にグッと迫るものがありますよね。

宮野:子供たちが見た時に、最初はプリキュアがかわいそう、頑張れ!ってなると思うんですけど、物語の終盤ではミデンもかわいそうだな、物語の結末がこれで良かったんだよねって感じてくれたらうれしい。

だから、そう思ってもらうためにも本気でやることが必要だなと思いました。

山本:劇中で“ミデンの世界”が出てくるんですけど、CGで表現されたキラキラした感じがすごくかわいいんです。あの宝石のキラキラ感は、小さい女の子たちの憧れ。きっと好きになると思います。

――プリキュアの想い出や記憶を奪ったミデンが、過去のプリキュアの“名ゼリフ”を言うシーンにも注目!

宮野:それぞれのニュアンスは寄せながらも、僕が言っても女の子の声にはならないので(笑)。記憶が自分の中に増えていって、気分が満たされているミデンの気持ちになって楽しみながら演じました。

やっぱり、僕も「ふたりはプリキュア」を見ていましたから。「ぶっちゃけありえな〜い!」って言えたことは宝物になりました。

山本:アフレコの収録期間中に、まだ見ていなかったプリキュアのシリーズを見たので、完成した作品を拝見した時に、ミデンはあのセリフを言っているんだって分かってすごく楽しかったです。

宮野:15周年を迎えた歴史のある作品だけに、いろんなセリフが飛び出しますよ。

――ちなみに、15年前は何をやっていましたか?

宮野:15年前っていうと、山本さんは中学生ぐらい?

山本:小学校6年生から中学校1年生になるころですね。まだ芸能界に入っていなくて、中高一貫の女子校に通っている普通の学生でした。みんなでプリキュアの歌を歌っていました(笑)。あのオープニングは印象に残っています。

宮野:あれは、インパクトあったよね。

山本:アニメを見ていない子でも歌えました。その当時は、まさか自分がプリキュアに出るなんて思ってもみなかったので、あの頃の自分に教えてあげたいです。

宮野:プリキュアに出るよって。

山本:ちゃんと、見といてって(笑)。

宮野:(笑)。僕は声優や舞台など、いろんな仕事をやりながらも、この先どうなるんだろうって悩んでいた時期でした。

そんな中で、作品から力をもらって勇気づけられることが多かったです。アニメも良く見ていて「プリキュア」シリーズは衝撃的でしたね。今まで見たことがない女の子のアニメだなと思いました。

■ 山本「プリキュアに出た想い出は奪われたくない」

――これだけはミデンに奪われたくないという大切な想い出は?

山本:やっぱり、プリキュアに出たことですね。これは奪われたくないです!

宮野:素晴らしい!

山本:(完成披露の)イベントで55人のプリキュアと一緒に写真を撮ったことは忘れられない想い出になりました。

宮野:あの写真、欲しいよね。

山本:待ち受けにしたい!

宮野:僕は声優を始めた時の記憶を失いたくないです。うまくいかないことが多かったんですけど、18歳の時に初めて声優の仕事に携わって、自分の中では拾ってもらったという恩もあるので忘れたくない記憶ですね。

――これも選ぶのが大変だとは思いますけど、好きなプリキュアは?

山本:う〜ん、難しいですねぇ。たくさんありますけど、中でも「Yes!プリキュア5」「Yes!プリキュア5 Go Go!」「フレッシュプリキュア!」「キラキラ☆プリキュアアラモード」が好きです。

宮野:テーマが、その時代に沿っている点が面白いと思います。放送中の「HUGっと!プリキュア」は育児がテーマ。主人公のはなちゃんたちが育児に奮闘する描写とかはリアルですよね。

山本:(若宮)アンリくんのジェンダーレスな感じも、今の時代を反映していますよね。

宮野:僕は初代の「ふたりはプリキュア」が好きです。今回も、冒頭から変身して出てくるじゃないですか。あれは感動しました。

キュアブラック役の本名(陽子)さんとキュアホワイト役のゆかなさんの息がぴったりなんです。お二人の信頼関係はあらためてすごいなと思いました。

――女性から見たプリキュアの魅力は?

山本:私はかわいい女の子が好きなので、キラキラしている女の子たちが変身して、かわいい衣装に着替えて戦う姿を見ているのが楽しい。大人になってからは人間模様だったり、ちょっとした恋愛にもキュンとできる点が面白いです。

■ 山本「また声の仕事をしたい」

――2018年も残り2週間ちょっと。お二人にとってどんな一年でしたか?

山本:ひと作品ずつ、じっくりと時間をかけることができた一年でした。割と悲しい役、かわいそうな役が多かったかもしれません。それと、今回のプリキュアや写真集など、初めてのことに挑戦できてうれしかったです。

宮野:今“挑戦”という言葉が出ましたけど、僕もまだまだいろんな初めてに出会えるんだなと思いました。

プリキュアでミデンを演じたこともその一つ。役者の仕事でも大きな作品に挑戦できましたし、音楽活動も10周年。充実した想い出を積み重ねられた一年でした。

――山本さんは、また声のお仕事に挑戦したいですか?

山本:ぜひ、やってみたいです!

宮野:やってほしいです。

山本:そのためにも、声のお芝居のことをもっと勉強したいです。

宮野:アフレコをするということに対して、どんどん楽しくなっていってほしい。そこにヒントがあるような気がします。

山本:アフレコはすごく楽しかったです。でも、出来上がったものを見ると反省するところが多くて…。

宮野:それは、僕も同じです。でも、楽しむということが一番大切。また、チャレンジしてほしいです。

山本:ありがとうございます。ただ、声優さんのことが好き過ぎるので、一緒にアフレコしたら必要以上に緊張すると思います(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)