山田涼介が恋人の記憶から消える!?感動のヒューマンラブストーリーを映画化

山田涼介が恋人の記憶から消える!?感動のヒューマンラブストーリーを映画化

主人公を演じる山田涼介ら人気・実力・勢いのある俳優が集結!

第22回日本ホラー小説大賞<読者賞>を受賞し、累計35万部を越える織守きょうや原作の「記憶屋」が、実写映画として2020年に全国で公開することが決定した。

本作は、「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」という、人の「記憶」をめぐる感動のヒューマンラブストーリー。刊行以降「泣けた」「感動した」など絶賛口コミが殺到している話題作だ。

主人公の吉森遼一を演じるのは、アイドルから俳優とへと大きく飛躍している山田涼介。愛する人が自分との記憶だけを失った事実に戸惑いながら、消えた記憶の真実に触れるという、等身大でありながら繊細なキャラクターに挑む。遼一の幼なじみ・河合真希役には近年、ドラマや映画への出演が続き、今最も勢いのある若手女優の芳根京子。幼なじみとして遼一を一番近くで支えながらも、実は遼一への思いを胸に秘めているという切ない役どころを演じる。また、遼一と真希は広島出身という設定で、山田と芳根は全編を通して広島弁でのせりふに挑戦する。

そして、物語のキーパーソンである遼一の元恋人、澤田杏子役には蓮佛美沙子。芳根とはNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016-2017年)で姉妹役として共演しており、本作ではどんなやりとりを繰り広げるのか見ものだ。

さらに、遼一の大学の先輩で弁護士の高原智秋を佐々木蔵之介が演じる。山田にとって、芳根・佐々木とは今回が初共演で、蓮佛とは映画「鋼の錬金術師」(2017年)以来の共演となる。

■ あらすじを紹介!

大学生の遼一は、年上の恋人・杏子と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。数日後、遼一は杏子と再会するが、彼女からは遼一の記憶だけがなくなっていた。遼一はにわかには信じることができなかったが、人の記憶を消せる“記憶屋”の存在を知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談。杏子が記憶を失った原因を探すことに。幼なじみの真希や高原の助手・七海らと共に調べ始めた遼一は、人々の中にある「忘れたい記憶」やその奥にある思いなどに触れていく。そして、その先には彼らの運命を大きく変える真実があった。

というストーリーが展開される。監督にはドラマ「天皇の料理番」(2015年、TBS系)「義母と娘のブルース」(2018年、TBS系)など次々と映像化作品を手掛け、“人間の本質”を描くことに定評のある平川雄一朗。本作でも見る人の心の琴線に触れる良質な人間ドラマを丁寧に描く。

これまでにも「エターナル・サンシャイン」(2004年)や「私の頭の中の消しゴム」(2004年)など“記憶”をテーマにした名作映画が数多く存在しているが、本作も人々の“記憶”に残るような見応えのある作品になりそうだ。

■ 山田涼介コメント

角川ホラー文庫から出ている小説が原作ですが、そこには「怖さ」ではなく、「切なさ」や「人を想う気持ち」が交じり合う普遍的な世界が描かれています。原作は漫画にもなっており、さらに実写化ということで、見ていただけると「記憶屋」の世界観をより理解していただけると思います。

芳根さんと佐々木さんとは初共演、蓮佛さんとは二度目の共演ということで、みんなで力を合わせながらこの不思議な世界観を創っていきたいなと思います。愛に切なさに優しさに寄り添っていただけると思います!

■ 芳根京子コメント

自分にとって挑戦の年だった2018年の締めくくりに、平川組で「記憶屋」の撮影に臨めることがとってもうれしいです。そして今回初めてご一緒させて頂く山田さんにリードしてもらいながら、遼一を幼なじみとして側で支え、複雑な気持ちを胸に抱える真希という無邪気な女の子を通して、自分なりに沢山悩みもがきぶつかってこの作品を皆さんの記憶に残る一本にできるよう頑張ります。

そして、蓮佛さんと「べっぴんさん」ぶりの共演、とてもうれしいです! 姉妹から、恋の矢印が交錯する複雑な関係へと変わりました。いろんな経験をして成長できた姿を見せられたら、と気合が入ります。

また、今まで同じ作品に参加させていただいてましたが、一緒にお芝居をしたことがなかった佐々木蔵之介さんと、やっと直接お会いできるのもすごく楽しみです。

■ 蓮佛美沙子コメント

幸せだった日々から一転、大好きな人のことを全て忘れてしまった杏子。なぜ忘れてしまったのか、そこに在る理由やそれまでの幸せな日々、そして忘れてしまってからの微妙な関係性を、一つ一つこぼさず丁寧にすくい上げていけたらなと思っています。

■ 佐々木蔵之介コメント

家族と囲んだ食卓、友達と笑い合った放課後、焦がれていたあの人の横顔、故郷の風景…この映画には、誰もの心に刻まれた、美しくあたたかい、時には切ない「記憶」が登場します。皆さまの心にそっと寄り添ってくれる優しい映画になってくれればと思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)