石崎ひゅーい、大泉洋&岡田将生らと謎の“UFOダンス”披露! 独占カット解禁

大泉洋「そらのレストラン」謎のダンス写真を入手、本上まなみ、岡田将生らも出演

記事まとめ

  • 大泉洋「そらのレストラン」から、石崎ひゅーいらの謎のダンス場面写真を独占入手
  • 本作は、「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」に続く北海道映画シリーズ第3弾
  • 北海道出身の大泉が主演、本上まなみ、岡田将生、マキタスポーツ、高橋努らが出演

石崎ひゅーい、大泉洋&岡田将生らと謎の“UFOダンス”披露! 独占カット解禁

石崎ひゅーい、大泉洋&岡田将生らと謎の“UFOダンス”披露! 独占カット解禁

石崎ひゅーいを中心にUFOダンス

北海道を舞台に“食”と“人”をテーマにしたシリーズの第3弾として公開中の大泉洋主演映画「そらのレストラン」から、石崎ひゅーい演じる野添隆史を中心に、亘理(大泉)と仲間たちが謎のダンスをしている場面写真を独占入手した。

シリーズ1作目となる「しあわせのパン」(2012年)では洞爺湖を舞台にパンを分け合う夫婦を、続いて「ぶどうのなみだ」(2014年)では空知を舞台にワインの熟成と親子を描いた北海道映画シリーズ。

第3弾の本作は、北海道道南にある“せたな町”に実在する「やまの会」メンバーがモデルだ。海が見える牧場で作り出されるチーズとさまざまな食材が仲間と家族の心をつなぎ、絆を強めていくさまを丹念に描く。

北海道映画シリーズの過去作品に引き続き、北海道出身俳優の大泉が主演を務め、さまざまな葛藤を抱えながらも一日限りのレストラン開店に向け奔走する亘理を体現する。

そして亘理を温かく見守る妻・こと絵役に本上まなみ、東京から一人でやってきて牧羊を営む若者・神戸役を岡田将生が務める。

ほか、マキタスポーツ、高橋努、石崎、眞島秀和、風吹ジュン、小日向文世が、深川栄洋監督のメガホンの下、仲間と助け分かちあって生きることをテーマに、味わい深さのある人間ドラマを垣間見せている。

■ 石崎ひゅーいの個性が全開!

本作で、亘理たちの中で唯一漁業を営む野添を演じた石崎は、ソロアーティストとしてのスケールを無視する規格外なシンガーソングライターとして、2012年ミニアルバム『第三惑星交響曲』でデビュー。その後、テレビドラマやアニメ、CMなど、数々の楽曲を手掛けている。

さらに、2018年3月には初のベストアルバム『Huwie Best』をリリースし、本作の主演を務める大泉ら各界の著名人から絶賛のコメントが。

本作の撮影中にも、ベストアルバムに収録されている「花瓶の花」の生歌を披露し、その場にいるキャストたちが涙を流したというエピソードも。

近年は俳優としても活躍の場を広げ、2016年に公開された「アズミ・ハルコは行方不明」では、蒼井優演じるアラサーOL・春子の恋人役・曽我として映画初出演とは思えないほどの好演を見せた。

今回解禁された場面写真は、せたなの広大で美しい景色の中、野添を中心に亘理たちが手を高く上げ、謎のダンスをしている不思議なカット。

この謎のダンスは野添が振り付けた“UFOを呼ぶダンス”で、仲間たちがそろって手を上げ、体を波のように揺らす様子は、随一の印象的なシーンとなっている。

劇中、野添はせたなの地でUFOを何度も目撃していると語るが、これも彼らのモデルとなった「やまの会」の話がもとになっており、さらに演じる石崎本人も実際にUFOに遭遇したことがあると語るなど、驚きのエピソードも。

野添を中心に、全身白の衣装を来た彼らが全力でダンスするシーンは、思わずほほ笑んでしまいそうだ。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)