広瀬すずの青春が詰まった映画「チア☆ダン」ノーカットで地上波初放送

広瀬すずの青春が詰まった映画「チア☆ダン」ノーカットで地上波初放送

映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」が本編ノーカットで地上波初放送

2017年に公開された広瀬すず主演の映画「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」が、2月23日(土)に、本編ノーカットで地上波初放送される(夜2:08-4:30、TBS)。

同作は、福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部「JETS」が、全米チアダンス選手権大会で優勝したという、奇跡のような実話を基に、「サッカー部に所属する憧れの男子生徒を応援したい」という軽い気持ちでチアダンス部に入部してしまったごく普通の女の子が、顧問の先生からの鬼のような指導、チームメイトの支えによって成長し、たった3年で全米大会を制覇するまでの軌跡を描いた“胸アツ”青春感動サクセスストーリー。

広瀬を中心に、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥といった、次世代を担う若手女優たちが総出演。さらに、男性キャストも新田真剣佑、伊藤健太郎ら注目の若手俳優が顔をそろえ、チアリーダー部を見守る鬼教師・早乙女を演じる天海祐希の、厳しさと優しさを兼ね備えた繊細な演技も見どころだ。

■ 広瀬すず「必ず思い出す時間」

主演の広瀬は、作品を振り返り「『チア☆ダン』は私の青春であり、今でも私の支えになっている作品になっています。一所懸命が伝わればうれしいです。みんなと半年間頑張った毎日が懐かしいけど、もう少しで3年たとうとしている今でも、何かつまずいている時必ず思い出す時間になっています。絶対見てほしいです!」とコメント。

■ あらすじ

県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬)は、中学からの同級生でサッカー部の孝介(新田)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし、彼女を待ち受けていたのは顧問の女教師・早乙女薫子(天海)による「目標は全米大会制覇! おでこ出し絶対! 恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導だった。

早々に周りが退部していく中、チームメートで部長の彩乃(中条)の存在もあり、何とかチアダンスを続けていく決意をするひかり。しかし、素人だらけのチームは初めての大会で観客に笑われるほどの失敗をしでかす。チーム内での確執も深まり、チームの気持ちは完全にバラバラになってしまう。

校長や教頭が廃部を決定する寸前、ひかりは校長室に押し掛け、とんでもない宣言をする。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)