崎山つばさが植田圭輔、最上もがにイジられまくる!

崎山つばさが植田圭輔、最上もがにイジられまくる!

舞台あいさつに登壇した植田圭輔、崎山つばさ、最上もが(写真左から)

映画「クロガラス1」(公開中)の舞台あいさつ付き上映会が3月9日に開催され、出演者の崎山つばさ、植田圭輔、最上もがが登壇した。

同作品は、東京・新宿の歌舞伎町を舞台に、高額の報酬と引き換えにどんなトラブルでも解決する“解決屋”の活躍を描く“東京アンダーグラウンド系アクションエンターテインメント”。

9日よりエピソード1、30日(土)よりエピソード2が2作連続で、それぞれ東京・シネマート新宿と大阪・シネマート心斎橋で1週間限定レイトショーにて公開。

エピソード1は、黒斗(崎山)、悠哉(植田)、日菜(最上)ら解決屋「クロガラス」の元に新人ホストが来訪。姿を消した常連客の捜索を依頼する…というストーリーだ。

舞台あいさつでは、崎山が「僕にとって初主演映画なので、並々ならぬ思いで撮りました」と明かすと、植田が「崎山さんの並々ならぬ思いをひしひし感じておりまして…(笑)」と重ね、ジョークで会場を沸かせる。

さらに、最上も「崎山さんの並々ならぬ思いが詰まった作品になっております」ともう一つ重ねて笑いを誘い、3人の仲の良さをうかがわせた。

■ 崎山「もがちゃんがビクッとなってました」

また、撮影エピソードについて崎山は「黒斗のキャラクターとして机を蹴るというイメージ(シーン)があって、かなりの回数机を蹴ってたんですけど、蹴るたびに音が大きいのでもがちゃんがビクッとなってました」と振り返った。

すると、最上は「(蹴る音が)来るのが分かっていても本当に恐くて…(苦笑)。でも、本番は頑張ったので、ビクッとはなってないです。顔は引きつってるかもですけど」と苦笑い。

一方、植田は「人生で初めてチェーンソーを握ったのですが、本当に(扱いに)苦労したので思い出深いです」と語った。

最後に、3人は「みんなで本当に苦労して作った作品なので見ていただけて本当にうれしいです。ありがとうございました」(最上)、「こんなにひょうきんな役はあまり回ってこなかったので、やっていて楽しかったです。皆さんにはしっかり宣伝していただければ(笑)」(植田)、「3とか、4とか、漫画とか、ゲームとか、いろんなところに展開していければいいなと思っている作品なので、ぜひ皆さんのお力で続けていければ!」(崎山)とそれぞれコメントし、イベントを締めくくった(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)