岡田准一の“二次元のユーモア”が全開なイラストも!「ザ・ファブル」特別映像解禁

岡田准一の“二次元のユーモア”が全開なイラストも!「ザ・ファブル」特別映像解禁

岡田准一が演じるのは、殺しもアルバイトもプロとして完遂する“ファブル”

6月21日(金)公開の映画「ザ・ファブル」から、主演の岡田准一が扮(ふん)する殺し屋“ファブル”の魅力が詰まった特別映像が公開された。

圧倒的な強さと的確な手腕を持つ謎の殺し屋・ファブル(岡田)が、ある日ボス(佐藤浩市)からの「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」という指令をきっかけに、一般人として生活していく姿を描いている本作。

今回公開された映像では、殺し屋を一時休業したファブルが、大阪で一般人の佐藤アキラとなった姿が映し出されている。

ひょんなことからデザイン会社オクトパスでアルバイトを始めたアキラが描く、二次元のユーモアが全開(?)な謎のイラストが数点収められており、「ライオン」や「飼育員」など、真剣な表情でイラストを説明するアキラと、デザイン会社の社長・田高田を演じる佐藤二朗らのナイスなツッコミが、笑いを誘う映像となっている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)