元欅坂46・今泉佑唯、松本穂香の妹役で映画初出演!「本当のお姉ちゃんのような存在」

元欅坂46・今泉佑唯、松本穂香の妹役で映画初出演!「本当のお姉ちゃんのような存在」

映画「酔うと化け物になる父がつらい」で映画デビューする今泉佑唯

松本穂香と渋川清彦がW主演する映画「酔うと化け物になる父がつらい」(2019年度公開)に、元欅坂46メンバーで女優の今泉佑唯が出演することが分かった。

本作は、菊池真理子著の家族崩壊ノンフィクションエッセーを実写化したもので、毎日アルコールに溺れる父と、新興宗教信者の母という両親のもとに生まれた主人公・田所サキ(松本)が、崩壊していく家族の中で、もがきながらも未来を見つけていく姿を描く。

今泉が演じるのは、主人公・サキの妹・田所フミ。

今作が映画初出演となる今泉は「分からないことだらけで初日からつまずいてしまい、不安でいっぱいでしたが、無事に終えることができて少しほっとしています」と、初の映画撮影現場を振り返った。

■ 今泉「ほんの少しだけ重なる部分がある」

フミは、壊れゆく“家”の中でも笑顔を絶やさず、家族を明るく照らし続けるという役どころ。

演じるに当たり、今泉は「(フミは)自分自身とほんの少しだけ重なる部分があり、共感できたり、でもいつも明るく振る舞うフミちゃんにどこか胸が苦しくなってしまう場面もありました」とコメント。

また姉妹役で共演した松本については「緊張している私を見て優しく声を掛けてくださったり、アドバイスをしてくださってうれしかったです。本当のお姉ちゃんのような存在でした」と明かした。

そして「お酒が好きな人、そうでない人。人それぞれですがこの映画を見てきっと共感できる部分がたくさんあると思います。ぜひ、見ていただけるとうれしいです」と作品をアピールした。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)